釣りキチおやじの言いたい放題
心の伝統文化をも捨て去ろうとしているこの日本、 荒波にもまれて何処へ行くのか! ただ指を咥えて傍観しているわけにもゆくまいて。 はてさて、どうしたものであろうかのう?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/05/16(火)   CATEGORY: 政治-一般
またも明らかになった、中国のしたたかさと日本政府のアホさ加減  その2
第二次世界大戦当時においては、「化学兵器はその製造・所持を禁止されていなかった」のである。

引き続き、「正論」6月号に、「“遺棄化学兵器”は中国に引き渡されていた  残っていた兵器引継書」(ジャーナリスト 水間政憲)より、

-----------------------------------------------------------------------------------

昭和二十年当時の化学兵器に関する国際条約を見ると、ハーグ宣言条文「使用ヲ各自二禁止ス」と陸戦法規条文「毒又ハ毒ヲ施シタル兵器ヲ使用スルコト」があった。これらの国際条約は、「使用」を禁じたのであり、各国軍隊の「保有」を認めていたのである。主要国は化学兵器を保有していた。また、ハーグ宣言では、敵が化学兵器を使用した場合には化学兵器による報復を禁止していなかったのである。旧日本軍が化学兵器を抑止力として、保有していたことは、国民を守る為であり、なんら恥じる必要のないことなのだ

衆議院外務委員会(平成十年四月十日)要約
松沢委員
「……現地調査とともに、例えば旧日本軍のこういう化学兵器の製造並びに使用にかかわった方々からの聞き取り調査とか、そういうことも同時並行でやられているのですか(以下略)」
阿南政府委員
こういう兵器の砲弾の性格ということもございますので、積極的に聞き取り調査というようなことは行っておりません(以下略)」

平成十五年十二月十三日付『しんぶん赤旗』は「戦争での化学兵器使用は禁止しましたが、生産・開発・保有などは禁止しませんでした」と、昭和二十年当時の国際条約を解説していた
阿南惟茂元外務省アジア局長が、国会で答弁したような隠すようなものではないのだ。
その意味で共産党のほうが、外務省より遺棄化学兵器問題の核心を衝いているのである。

-----------------------------------------------------------------------------------

世界中ほぼすべての国が、植民地として統治する国と統治される国に区分されていた戦前において、統治する側に立っていた国の中で日本だけが悪い、けしからん、恥ずかしいと騒ぎ立てる。

東京裁判において、当時存在しなかった「平和に対する罪」や「人道に対する罪」をもって裁くという近代法治国家にあるまじき判決を今もって恭しく忍戴く。

そして、此処でもまた、禁止されていなかった戦争での化学兵器の生産・開発・保有を「こういう兵器の砲弾の性格…」などという表現をぬけぬけとなす。

これらすべて、政府・外務省の勉強不足、認識のなさなのか、それとも日本国民のためでなく外国、それも一部ならず者国家のために、日本国民から給料を盗み取りながら働いているのか、何れかしか考えられない。

(平成18年6月28日追加)
2006年06月26日付をもって、『こん』というブログに
「旧日本軍の毒ガス…靖国問題同等レベルへの発展の危機」とのタイトルで遺棄化学兵器の引渡し証拠写真情報が掲載されました。
http://konn.seesaa.net/article/6332011.html
スポンサーサイト
[ TB*1 | CO*6 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 暗黒の政治屋さん
釣りキチおやじ | URL | 2006/06/28(水) 10:29 [EDIT]
福井日銀総裁の件といい、日本人の心は腐っています。
日本人が魂を取り戻すにはかなりの時間が必要ですね。
● ちびたま さん
釣りキチおやじ | URL | 2006/06/28(水) 10:21 [EDIT]
「安倍氏の管轄下」でなく、政府が買い上げて防衛庁の資料として保存すべきだと思われませんか?
● 改めて御礼申し上げます。
暗黒の政治屋 | URL | 2006/06/24(土) 13:59 [EDIT]
釣りキチおやじ様へ

つぎつぎに繰り出されておらます 貴 ブログのテ―マは
誠に時宜を得たものであり 正に 全てが正鵠を射ております。
常時 貴重なる情報源として拝読させて戴いております。

此処に 改めて 深甚なる敬意を表する次第です。

小生の拙いコメントでは有りますが 貴 ブログへの
幾許かであれど お役に立てますれば 幸甚に存知ます。

● 日本害務省による土下座外交は留まること無し
暗黒の政治屋 | URL | 2006/06/23(金) 16:57 [EDIT]

未だ 日本人の脳裏に 鮮明なる記憶として残存しております
共産党一党独裁国にて発生した 反日デモにより破壊された 上海領事館を
修復するとの情報ですが

本件は 確か 未だに 共産党一党独裁国よりの謝罪は無しである。
寧ろ 開き直る形で 日本側に原因が有ると ほざいていた筈である。
所が 何と 日本政府/害務省は もみてで こびへつらう姿勢 即ち
「はい はい さようでございますか」 ....なる形態で 共産党一党独裁国の
修復方策を無条件で 相変わらずの土下座外交 宜しく 幾許かの プライドも
かなぐり捨てて 屈服した。

是が 憲法で言う所の 世界に対して名誉ある地位を占める ....言々なる
ものなのか?

そこで 下記の 具体的 対応策を提起する。


上海領事館は 現状を永久保存し 共産党一党独裁国に依る 常軌を逸した不条理極まる暴動/暴挙にて破壊されたものであると銘記し 当該 事象を未来永劫
日本国の子々孫々に亘る歴史に記録し 世界歴史遺産として 世界遺産に申請登録する。

上記の 世界遺産への申請登録は 北京オリンピック開催時点までに 登録の認可が
完遂するものとする。
即ち オリンピック開催時に措いて 全世界に対して 罹る事実を
広報/喧伝するものとする。


果たして へたれ/ふぬけの 日本政府/害務省に 是が実行出来るか?
しかし 振り返るに 罹る 日本政府/害務省を誕生せしめたもの根源は?
他ならぬ 日本国民/有権者であるが ....

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060620k0000m030159000c.html
● 遺棄化学兵器の引渡し証拠写真情報が有りました
暗黒の政治屋 | URL | 2006/06/12(月) 17:10 [EDIT]

 釣りキチおやじ様へ

常々 貴 ブログ 拝読させて戴いております。

過日 共産党一党独裁国よりの 恫喝/脅迫による 日本国民の血税が簒奪/略奪
されんとしている 遺棄化学兵器に纏わる件ですが

当時の 旧日本軍より相手国への 問題兵器の引渡し書の 証拠写真の
URL が アクセス不能状態になりました。
所が 下記の URL ブログを拝見しますと 例の 証拠写真が拝見可能です。
ご参考までに お知らせ致します。

http://fiorina.blog24.fc2.com/blog-entry-131.html

ちびたま | URL | 2006/05/29(月) 21:52 [EDIT]
先日は(といっても大分以前ですが)コメントありがとうございます。しばらくお休みしておりましてご返事差し上げておりませんでした。申し訳ございません。
この遺棄化学兵器は私も注目しております。次号「正論」にも続編記事が掲載される予定だと聞きました。「引継書」が本当に化学兵器も引継ぎされていたことを証明できたらすごいことだと思います。既に資料は安倍氏の管轄下に入ったようですので、今後の展開がどうなるか・・・

TRACK BACK
TB*URL
● 生き甲斐のある人生 しょうがない人生
田舎の神主の学び舎 2006/05/30(火) 04:36
百花爛漫に咲き競い春を彩った四月の花。その花々が終わりを告げると、つよい晩春の日  [続きを読む]
Copyright © 釣りキチおやじの言いたい放題. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。