釣りキチおやじの言いたい放題
心の伝統文化をも捨て去ろうとしているこの日本、 荒波にもまれて何処へ行くのか! ただ指を咥えて傍観しているわけにもゆくまいて。 はてさて、どうしたものであろうかのう?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
またも明らかになった、中国のしたたかさと日本政府のアホさ加減  その1
「正論」6月号に、「“遺棄化学兵器”は中国に引き渡されていた  残っていた兵器引継書」(ジャーナリスト 水間政憲)として、「旧日本軍兵器引継書」が発見された旨の記事が掲載された。
取り敢えず冒頭の一部を引用、並びにその写真が掲載されたアドレスを記し、今後順次追加していくこととする。

-----------------------------------------------------------------------------------

 私がこの史料を発見したのは山形県にある全国抑留者補償協議会(全抑協)の「シベリア史料館」であった。全体で六百冊にも及ぶ膨大な量のが永年、段ボールニ十四箱の中でほこりにまみれて眠っていたのである。それは、平成七年に死去した斎藤六郎・元全抑協会長が一九九〇年代に、ロシア各地の公文書館などから、合法的に日本へ持ち帰ったものであった。
 そこには、旧日本軍が中国全土で、終戦直後に、整然と武装解除に応じ、“何の例外もなく”中国側へと引き渡したことが記されている。もちろん「化学弾」も例外ではない。
1.http://vista.x0.to/img/vi4662896961.png
2.http://vista.x0.to/img/vi4662882015.png
3.http://vista.x0.to/img/vi4662885120.png
4.http://vista.x0.to/img/vi4662888118.png

(引用文追加)

 今回発見した旧日本軍兵器引継書は、北支那方面軍、第一軍、十二軍、駐蒙軍、四十三軍、十一軍、二十軍、十三軍、六軍、二十三軍、直轄師団すべてを綱羅している
 ポツダム宣言を受諾後の旧日本軍は、敗戦の混乱の中でも厳粛に国際条約を履行していたのである。
 数々の引継授受書の中には、ケント紙一枚単位まで記述されているものもある。水ももらさぬ几帳面さで引継作業をした日本人……。

 日本側の史料としては、関東軍の極秘文書もシベリア史料館には大量に所蔵されている。その文書の中に、関東軍総司令官、山田乙三が、昭和二十年九月一日に天皇陛下に上奏した『作戦並停戦の状況』によると、チチハル市が位置する旧満州西北方面は、「八月十七日朝ヨリ」そして、今問題になっている同東方面に位置するハルバ嶺は「八月十七日夜ヨリ」完全に武装解除されたことを報告しているのである。
 それらを補足する資料としては『関東軍方面停戦状況二関スル実視報告ノ件』(大本営朝枝参謀、昭和二十年八月二十六日)によると、「関東軍保有ノ総テノ兵器、弾薬、軍需品、軍事諸施設ハ悉皆良好ナル状態二於テ『ソ』側二引渡セリ」となっている。

 引継書には「電気スタンド」、「アイロン」まで記されていた。旧日本軍の几帳面さがよくわかる

 現在、中国が日本に廃棄を押し付けている遺棄兵器は、中国国民党が残置した接収兵器と、中国がソ連から移交された旧日本軍の兵器で、不必要になったもの、そして、一部ソ連が遺棄したものと理解するのが自然なのである。

-----------------------------------------------------------------------------------

当時の日本人兵士たちが、如何に秩序正しく中国やソ連軍に対して武装解除に応じたか、小物に至るまで一切ネコババなどすることなしに武士道を貫いたかを知るとき、感激して涙がこみ上げて来る。

これらを見るとき、南京大虐殺など嘘であったことが、改めて確信できる。

其れに引き換え、戦後の、そして今の政治家たちの何とだらしないことか。


スポンサーサイト
[ TB*4 | CO*9 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 北朝鮮関連として:「小市民の一日」様より:恐ろしい在日の本性
くちべた日本人@保守の,意見の | URL | 2007/01/13(土) 15:57 [EDIT]
北朝鮮関連として:「小市民の一日」様より:恐ろしい在日の本性

http://plaza.rakuten.co.jp/shousimin/diary/200701050000/

恐ろしい在日の本性[主題多数等の理由により分類不可]

※あの後いろいろと調べてみましたが,岸和田の掲示板に書き込まれていることは間違いありませんでした。ただ,いわゆる釣り記事ではないか,ということが各所で指摘されているようなので,ここに掲げるのみにし,コピペ推奨文言を削除しました。

以下のコメントはmurmurさんのブログのコメント欄で存在を知ったもので,岸和田市において外国人にも住民投票権を認める条例が可決された際,岸和田市の『岸和田掲示板』に書き込まれた在日コリアンの書き込み書き込まれた在日コリアンのコメントです。

http://www.city.kishiwada.osaka.jp/keijiban/Main.asp?Menu=Mes&GroupID=1&MesID=1211
参照)

================

タイトルこれからは我々在日コリアンの時代
投稿者李舜臣
投稿日05/06/3021:49:00
メッセージ
可決されましたか。いやめでたい。今なら言えるかな。
関西在住の在日三世ですがこの日を待っていましたよ。
我々は日本への帰化など望んでいません。日本の兄の国である韓国国民としてのプライドと誇りがありますからね。
民団総連日本の市民団体の方々とともに手を組んで我々寄りの議員をどんどん送り込んでいきますよ。
当然我々寄り議員は我々にメリットの大きい条例や法案を作ってくれるでしょう。
これまで差別され虐げられてきた60万在日のパワーを見せつけてやります。
日本人に一泡吹かせるどころかコリアン特区コリアン自治区を日本全国に広げます。
韓流ブームなんてのはそのほんの入り口の更に手前の門扉の前の石ころ程度のものですよ。
日本人は我々が大勢でちょっと大きな声をだしてやるだけですぐに動きますからね。
この条例成立がそれを証明しているでしょ?
まずはこの岸和田から。
あとは日本中の在日コリアンコリア系日本人を総動員し日本中の都市街で投票条例を得最後は参政権を手中に収めます。必要があれば住民票を移したり引っ越しだってやりますよ。
我々にはそれを実現するだけのパワーがありますから。
この我々のパワーと勢いがあなたたち日本人との絶対的な差なんです。
相互主義とか関係ないですよ。
在韓外国人には今も投票権や参政権はありませんけどね
こうして在日は相互主義に関係なく欲しいものは絶対に手に入れることができる圧倒的実力を誇るんです。
独島も実質的に我らのものになっていますし強制連行や従軍慰安婦も我々の主張通りに認められました。
今からこれからですよ。
我らの先祖様たちが受けた36年にも渡る日本による圧政と搾取と略奪と蹂躙の歴史を挽回する時がやってきたんです。
もう日本による歴史歪曲や妄言や差別はたくさん。
これからの日本を作っていくのは我々コリアンです。
どうせあなたたちは何も出来やしない。
PCの前に座ってせいぜいこうやって掲示板に書き込むだけだ。デモの1つもできない。
我々は民族の誇りをかけて日本を変えていく。あとは我々に任せてあなたたちは座して愚痴の1つでも編んでいなさい。
● 明らかに妨害工作あり
暗黒の政治屋 | URL | 2006/07/04(火) 17:09 [EDIT]

釣りキチおやじ様へ

実は 小生 この遺棄化学兵器問題は 大多数の日本人
には情報が隠蔽されており

より多数の日本国民に認識して貰う必要が有り
との思いで NET 上にて数多存在する 掲示板 及び
ブログ に書き込みを TRY しているのですが

その 大多数の 掲示板 & ブログへの 書き込みが
ERROR となり 書き込み不能状態です。
是は 明らかに何らかの妨害工作がありと解釈する
以外に無いと思われます。

貴 ブログ に措いても妨害工作が入るのでは?
と心配しております。

取り敢えず ご連絡致します。
● 暗黒の政治屋さん
釣りキチおやじ | URL | 2006/06/28(水) 10:18 [EDIT]
情報有難うございます。
様々な妨害があるようですが、頑張りましょう。
● 遺棄化学兵器の引渡し証拠画像情報が有りました
暗黒の政治屋 | URL | 2006/06/19(月) 10:21 [EDIT]

過日 共産党一党独裁国よりの 恫喝/脅迫による 日本国民の血税が簒奪/略奪
されんとしている 遺棄化学兵器に纏わる件ですが

当時の 旧日本軍より相手国への 問題兵器の引渡し書の 証拠写真の
URL が アクセス不能状態になりました。
所が 下記の URL ブログを拝見しますと 例の 証拠写真が拝見可能です。
ご参考までに お知らせ致します。

http://fiorina.blog24.fc2.com/blog-entry-131.html
● 謀略妨害工作が発生しました
暗黒の政治屋 | URL | 2006/05/23(火) 12:05 [EDIT]
証拠写真のコピ―である 下記の URL 4種が全てアクセス不能となりました。

言うに 事欠いて 是は 最早や 笑いの種である。
己の意に反する 情報は有無を言わさず 末消/隠蔽する所業は ひだりまきども
の常套手段では有るが 反日 工作員にとり 当該 証拠写真情報が 如何に
目障りな情報であるかを 如実に暴露された事象である事は 明白である。

>曰く 公序良俗に反するファイル/法令等に反するファイルは ....言々 

言うに 事欠いて 是は最早や 笑いの種である。

しかし 冷静に思考しますと 事の本質は 日本国民の 兆円オ―ダ―にも及ぶ
血税が 反日を国是として 唯一のアイデンティティ―とする 敵対国に
貢がれる事にある。
今や 我が日本国の 財政は破綻寸前であり 増税論が台頭しつつ有り
断じて 笑い事で済まされぬ 看過出来得ぬ 事象である。

日本国民 有権者/納税者 各位は 罹る事実を 例に依って 例の如く
まあ―まあ― なあ―なあ―で 有耶無耶に容認するや?
日本国民は 何時まで 温厚/温和な お人よし を続けるのでしょうか?

共産党一党独裁国 及び その擁護派 並びに 反日 ひだりまきども 等々に依る
謀略 情報戦が 日本国内にて 兆円オ-ダ-の 我が国の血税を略奪/簒奪する為に
必死の形相で 実行されている事実が 具体的 事例として 露呈した事は
紛れも無い事実の様である。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

本件の場合 旧日本軍は 敗戦の時点にて 当該 兵器を 全て戦勝国に引渡していた
事実を示す 証拠書類/原本が存在していた事が この度び 判明した。
下記 添付の 引渡しの為の 証拠書類/原本(一級資料)の写真情報を
参照願います。
下記の URL をクリックしますと 写真情報が拝見 可能です。

http://vista.x0.to/img/vi4662896961.png
http://vista.x0.to/img/vi4662882015.png
http://vista.x0.to/img/vi4662885120.png
http://vista.x0.to/img/vi4662888118.png

● というか・・・
k | URL | 2006/05/16(火) 02:10 [EDIT]
先週タックル見ていて、馬鹿外交を知りました。ロシア、アメリカ製の物も日本の責任で・・・っていう外交文書交わしていたんですね。河野らしいですね。馬鹿ですね。
プラス引渡していたのもまた、中国が埋めてそうですね。製造番号とかで、追えないのですかね?やってみて欲しい政府が!!
● 煬帝さん、はなびさん
釣りキチおやじ | URL | 2006/05/15(月) 23:47 [EDIT]
著作権の問題もあるでしょうが、マスコミがあてにならない以上、この画像をお互い出来る限りばら撒きましょう。
日本のために。
● さすが日本人!
はなび | URL | 2006/05/15(月) 23:37 [EDIT]
チャンコロなどとは訳が違いますね。
それにしても大々的なニュースとして扱われていない気がするのですが・・・?
左翼マスゴミには都合の悪いニュースだからかな?
政府や害務省も、ちゃんと主張してくれるかどうかも疑問だし、
しっかり見張っていかないといけませんね。
● 旧日本軍
煬帝 | URL | 2006/05/14(日) 13:44 [EDIT]
兵士一人一人の所持品まで把握していなければ気が済まなかった当時の陸軍が保持していた兵器の引き渡しに際して目録を作ってない筈はないと以前から思ってました。

建前上の条件では資料の精査が終わって事実が確定したら「処理事業」の履行義務も消滅することになります。
政治的にどう決着するかは別ですが。

これによって今までより強硬に出ることを期待します。
正当性はこちらにあるのだから。

TRACK BACK
TB*URL
● カーネーション注意報
んなアホな! 2006/05/16(火) 10:42
母への感謝につけ入る“海賊版” 中国産カーネーション急増(産経新聞)--- 記事引用開始 ---  「母の日」の14日を控え、出荷の最盛期を迎えているカーネーションの中国産の輸入が急 増している。中国産の8割強が育成者権を侵害した違法栽培のいわゆる「海賊版  [続きを読む]
● ■支那の心変わり
 ◆ ケシクズ ◆ 2006/05/14(日) 19:46
 ・【社説】韓国まで世界の仲間はずれにするつもりか  統一とか、南北融和とか言いながら、それなりに危機感をちょっとは感じて居るらしい下朝鮮。盧武タン独走状態。ま、何と言うか、御愁傷様です。 仰る通り、日米は冷淡です。特に日本は、今までのならぬ堪忍に気づ...  [続きを読む]
● 中国の夢・・・世界の悪夢の間違いでないの?
Let's Blow! 毒吐き@てっく 2006/05/14(日) 12:48
なにやら、メールでの依頼が来た フランクフルター・アレゲマイネの今年の4月19日...  [続きを読む]
● 中国には正面きってものを言うべき
新・へっぽこ時事放談 2006/05/14(日) 10:30
日本には四季折々の変化があり、今は新緑が目にもまぶしい、とても爽やかな好季節です。そして、山へ行けば山の幸があり、海へ行けば海の幸があり、大変豊かな自然に恵まれた国です。  [続きを読む]
Copyright © 釣りキチおやじの言いたい放題. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。