釣りキチおやじの言いたい放題
心の伝統文化をも捨て去ろうとしているこの日本、 荒波にもまれて何処へ行くのか! ただ指を咥えて傍観しているわけにもゆくまいて。 はてさて、どうしたものであろうかのう?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
歴史の幸運と現在の不幸
 ある国へ旅行する際の注意事項として、「何事が起こっても、決して謝ってはいけません。」というのがあった。「ゴメンナサイ」と言ったら最後、「貴方が非を認めた以上、この件の責任はすべて貴方にある。どうしてくれるのだ!」となるというのである。
 その国では、自分が一歩退けば相手は一歩踏み込んでくる。さらに一歩退けば相手はさらに一歩踏み込んでくる。だから、譲ることを決してせずに、真剣に議論を戦わさざるを得ない。
 お互いの妥協点は、その火花を散らした先端から見い出そうとするのである。
 その国の人々にとっては、譲ることは美徳ではなく負けなのである。しかも、負けた人間に対しては、同情することもなく徹底的に叩き伏せる。
 ここにおいては、「高度な交渉技術」が要求されるのである。
 一方、日本では「謙譲の美徳」といって、譲ることを基本とする。
 相手を慮り、自分から一歩退く。そうすれば、相手も一歩退いてお互いの妥協点を見い出していく。
 すなわち、「技術よりも人情論」が優先するのである。
 善悪はともかくとして、どちらも、永い歴史の中で培われた文化には違いない。
 ところが、我が国の歴代政治家たちは、この違いを理解出来ず、他国に対して譲ることばかり行って、国連の莫大な負担金、ODA、果ては領土までをも毟り取られてきた。
 他国の人たちの心情を理解できず、「理想論で通用するはずだ」と錯覚し、平和ボケしてしまっているのである。
 この主たる要因は、「他国から侵略を受け、奴隷的扱いを受け、或いは搾取されることのなかった、しかも、陸続きに他国と国境を接することなく広い海に守られてきた、この日本の歴史」にあるのは間違いあるまい。
 そのように考えると、「人間万事塞翁が馬」とはいえ、本来幸運であるべき平和の歴史が、現在の不幸の原因となってしまっている。
 今一度ミサイルでも飛来しないと、目が覚めないのだろうか。
スポンサーサイト
[ TB*12 | CO*4 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 外務省(エリート)の実態
いざりうお | URL | 2005/12/11(日) 14:16 [EDIT]
みなさんコメントありがとうございます。
ところで、外務省(エリート)の実態をはじめとする官僚の実態に関して引用します。
「我が国の官庁においては、まさにその正反対である。日本の局長はほとんど何も知らない。課長はぼんやり知っている。事務官はあらかた知っているけれども、細かいことは属僚に聞かなければわからないという状態で、地位が上になるほど勉強してない。大臣に至っては、むしろ仕事を知らざるをもって得意とするがごとき現象すらある。」「しかし何人にも才能はあるものでして、日本の官史にも非常に優れた才能が一つある。それは何かというと責任回避術である。この術に対しては実に驚くべき才能を発揮している。引例はあまりに無数で挙げるにたえない。」(永野護著「敗戦真相記」バジリコ刊より)

しゃも(鶏) | URL | 2005/12/11(日) 10:23 [EDIT]
どこの国か知らないですが恐ろしいことですわな。

でも外務省はみんなエリートですよね?
あれ?
やっぱボケテル?

ども TBありがとうございました。


マスコミが伝えない韓国 | URL | 2005/12/03(土) 03:37 [EDIT]

日本では「謙譲の美徳」といって、譲ることを基本とする。

これら日本人の美徳を分かっていて付け込んで来る中・韓も最低ですが、彼ら正義のように歪曲して報道する日本のマスコミはもっとCRAZYですねw
● 朝日新聞読者は寝たきり
worldwalker | URL | 2005/11/12(土) 13:42 [EDIT]
目覚めろ、日本人。
朝日新聞読者はずーっと寝てるんだろうなあ。

TRACK BACK
TB*URL
● 南京大虐殺という嘘
日本を考える 2005/12/11(日) 20:34
 いま何かと話題なこの話題について今日は触れてみよう。 私は中国の主張するような30万人なんていう大虐殺はありえないと考えている。南京戦当時の人口はおよそ20万人程度という資料が安全区委員会委員長ジョンラーベが日本大使館にあてた手紙によって記されています....  [続きを読む]
● 膨張する中国 1
手前ら、日本人をなめんじゃあねぇ 2005/12/03(土) 10:54
人気プログランキングに参加しています。http://blog.with2.net/link.php?123273気に入ったらURLにクリック1票お願います。読売新聞に『膨張する中国』という記事が連載されている。本日のは、ロシア極東部への中国経済の侵略に対する地元民の意見が載っていたが、ロシア人  [続きを読む]
● 支那、国連事務総長だしたいな~
理性と狂気の境界 2005/11/25(金) 22:22
国連事務総長にアジア代表擁立へ 中国さて、経済面以外の外交で軒並み先進国に非難批判されて立場がやばい支那ですがなんとアナン氏の後釜狙ってるようです。知日派のアナン氏に国連事務総長に対する危険を感じたんでしょうか。(アナン氏の祖国、ガーナは日本と関係が結構  [続きを読む]
● 最近の気になるニュースから(11/11)
外交と安全保障をクロフネが考えてみた。 2005/11/14(月) 23:58
6カ国協議終わる 再開された6カ国協議は、残念ながら成果無く終わったようだ。クロフネはあまり期待していなかったが。あいまいな表現を盛り込んだ前回協議の共同声明をもとに  [続きを読む]
● 朝鮮民族4
手前ら、日本人をなめんじゃあねぇ 2005/11/13(日) 04:58
なにやら、韓国の外相やらあちらの行かれた国会議員やらが、てめぇらの歴史というものに真正面に取り組めず、ほんの百年少々前までは『乞食国家』だった、李氏朝鮮のふがいなさを直視できずにわが国に世迷言をたれているようです。李氏王朝の縁戚たる『李承晩』という、両班  [続きを読む]
● 気に入らないと会わない国の人 
陽光燦爛的日子 a diary of worldwalker 2005/11/13(日) 02:50
ウリを批判したら、会ってやらないニダ前原氏23日訪韓 盧政権批判で暗雲 大統領、会談拒否も民主党の前原誠司代表が今月下旬、党代表就任後の初外遊に予定していた韓国訪問に暗雲が漂っている。前原代表が、対北朝鮮政策をめぐり盧武鉉大統領を「あまりにも柔和  [続きを読む]
● 売国議員が130人結集 ( ゚д゚)ポカーン
陽光燦爛的日子 a diary of worldwalker 2005/11/12(土) 13:39
福田が小泉に反旗“冷遇”山拓、加藤らぞくぞく結集?追悼施設議連を拠点に ------------------------------------------------------------新たな国立戦没者追悼施設のあり方を検討する超党派の議員連盟「国立追悼施設を考える会」のメンバーが、永田町で波紋を広げて  [続きを読む]
● 第5回6カ国協議、北朝鮮に厳しく接するべき
新聞記事・ニュース批評@ブログ 2005/11/11(金) 12:16
 6カ国協議をやるたびに北朝鮮の態度が逆行していきます。これからはどこかで経済制裁などの圧力を背景に協議を進めていく必要に迫られている気がします。  [続きを読む]
● 第5回6か国協議
ぱとりおてぃずむ 2005/11/11(金) 00:19
始まったね。6か国協議。はたして、今回はどんなサプライズ…ぃゃぃゃどんな展開になるのか。また北朝鮮が訳のわからない事言うよ。南朝鮮が歩調乱すよ(笑)【北の段階的核放棄案に米「時間稼ぎは認めず」】北朝鮮の核問題をめぐる第5回6か国協議は  [続きを読む]
● 米大統領は日中韓3国が仲良くしろと言う
陽光燦爛的日子 a diary of worldwalker 2005/11/09(水) 19:49
------------------------------------------------------------「韓中日で歴史対話を」ブッシュ大統領が会見------------------------------------------------------------米国のブッシュ大統領が、韓中日3カ国の首脳に対し、北東アジアの歴史に関連した対立の解消  [続きを読む]
● 自民党新憲法草案を見る
科学で政治・社会を考える:論理政治科学研究室 2005/11/02(水) 01:38
 10月28日に 「自由民主党新憲法草案」 が発表されました。  全体的な感想を  [続きを読む]
● <北朝鮮孤立の前兆><拉致は国家的犯罪><おこちゃま議員>
『日々日常』~ブログページ 2005/11/02(水) 00:52
『日々日常』本サイト↓拉致問題うやむやにししてはダメと思う方、ポツっとやって下さい(以下引用)『日本人拉致を非難 国連総会決議案判明』【ニューヨーク30日共同】北朝鮮の人権状況改善を促すため、欧州連合(EU)が国連総会第3委員会(人権)に今....  [続きを読む]
Copyright © 釣りキチおやじの言いたい放題. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。