釣りキチおやじの言いたい放題
心の伝統文化をも捨て去ろうとしているこの日本、 荒波にもまれて何処へ行くのか! ただ指を咥えて傍観しているわけにもゆくまいて。 はてさて、どうしたものであろうかのう?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
上海総領事館員自殺調査報告書、官房副長官が握り潰す
4月11日付、読売新聞に
『内調「機密流出の恐れ」、首相に届かず…領事館員自殺』

として、次のような記事(抜粋)が掲載された。

-----------------------------------------------------------------------------------

内調「機密流出の恐れ」、首相に届かず…領事館員自殺

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060411it01.htm?from=top
 2004年5月に在上海日本総領事館の館員(当時46歳)が自殺した問題で、自殺の2か月後に現地で調査にあたった内閣情報調査室が、「我が国の機密情報が漏れた恐れがある」とする報告書をまとめ、二橋(ふたはし)正弘・内閣官房副長官に提出していたことが明らかになった。
 報告書は、自殺の背景に、中国の諜報(ちょうほう)機関「国家安全省」の脅迫があることも指摘し、機密流出の有無を徹底調査するよう求めていたが、1年半近く小泉首相に伝わっていなかった。
 しかし、報告書は小泉首相だけでなく、当時の細田博之官房長官にも届かず、本紙や一部週刊誌が昨年暮れに取材を始めるまでの1年半近く、二橋副長官は指示を出さなかったとされる。


-----------------------------------------------------------------------------------

まさに、この官僚は、腐ってしまっているとしか思えない。
開いた口が塞がらないとは、このことだ。

しかも、
「読売新聞が3月末、自殺した館員が上司の総領事にあてた遺書の全容を報じたのをきっかけに、複数の政府関係者が、報告書の存在を明らかにした。」
とのことである。
つまり、読売新聞等の報道がなければ永遠に闇に葬られた可能性が大きいということだ。
このことから推定するに、かなりの量に上る「表に出ない握り潰し事件」が存在するであろうことが容易に想像できる。

もはや、
「官僚の判断だけで、外交機密が漏えいしたかどうかの検証が行われなかった可能性が高く、首相官邸の危機管理のあり方に批判が集まりそうだ。」
などという生易しい問題ではなく、国家存亡の鍵を少数の不良官僚に任せることは極めて危険であることを物語っている。

そこで、二点提案をしたい。

第一は、
「複数の伝達経路の確保」である。

これには、インターネット考案の原点が参考となる。
無数に伝達経路を張り巡らし、幾つかの経路が遮断されても何処かを経由して、必ず伝達されるよう考え出されたのが今のインターネットである。
この方式に習い、今回のような外国政府の手先になり下がり、日本国民を裏切る官僚がいても別ルートで必ず到達できるよう、複数の伝達経路を確保すべきである。

第二に、
このような「公務員を国民が罷免する手続」を確立することである。

日本国憲法第十五条は、「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。」と規定している。
さらに、同じく第十六条に、「何人も、公務員の罷免に関し、平穏に請願する権利を有する」旨の規定もある。
しかしながら、その方法についての規定が無いため、かかる輩を税金で食わせ、挙句の果てに多額の退職金を付けて天下り先に送り出すという愚を、国民が演じさせられているのである。

国家公務員法第八十二条には、「職員が、職務上の義務に違反し、又は職務を怠つた場合は、免職、停職、減給又は戒告の処分をすることができる。」
と規定してはいるが、同じ公務員どうし、厳格に適用されたためしがない。

基本に立ち返って、「不良公務員を直ちに処分できる権利」を、国民の手に確保しなければならない。

官僚が日本を、日本国民を守らないのであれば、国民自ら守るしかない。
スポンサーサイト
[ TB*5 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
● ■テロ国家の嘘/嘘/嘘
 ◆ ケシクズ ◆ 2006/04/16(日) 12:29
 ・めぐみさん夫は拉致韓国人 北に全面解決迫る DNA鑑定 政府、確率99%  ・[めぐみさんの夫]「鑑定結果が示す北朝鮮の非道」 来ました。数日前から各紙に上がっていたこの情報、確定。 北はずっとめぐみさんの旦那さんの事を「特殊機関勤務する北朝鮮人...  [続きを読む]
● 握って潰す
ぐっじょぶろぐ 2006/04/15(土) 03:59
内調「機密流出の恐れ」、首相に届かず…領事館員自殺 政府内の情報伝達、安倍氏「随  [続きを読む]
● 13億人の心の問題
時事ブログ「グースの勿忘草」 2006/04/13(木) 19:49
靖国参拝中止を改めて要求=中国大使 中国の王毅駐日大使は6日午後、都内のホテルで開かれた日中友好7団体による日本の新旧駐中国大使の歓送迎会であいさつし、「正常な関係を妨げている政治的障害を何とか善処し解決しなければならない。これ以上、戦争被害者の心を傷つけ  [続きを読む]
● 正論 「特集 中国の対日工作と上海総領事館員自殺事件」
「思いつきブログ」 hit on! 2006/04/12(水) 19:54
正論 平成18年3月号より 黄文雄氏の「特務の国」の本性をあぶり出せの一部を引用致します。 本当なら全文を掲載したいのですが、そういうわけにもいきませんので 厳選しました f(^-^) 「すべて日本が悪い」で押し切られる日本政府 日本では戦前、「売国奴」と呼ばれ  [続きを読む]
● 外国人が評価するサムライ魂(後編)
新・へっぽこ時事放談 2006/04/12(水) 01:37
今回は、前々回の記事、■外国人が評価するサムライ魂(前編)からの続きです。初めて読まれる方には、お手数ですが、前々回分の記事も併せてお読み下さればと思います。■原爆投  [続きを読む]
Copyright © 釣りキチおやじの言いたい放題. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。