釣りキチおやじの言いたい放題
心の伝統文化をも捨て去ろうとしているこの日本、 荒波にもまれて何処へ行くのか! ただ指を咥えて傍観しているわけにもゆくまいて。 はてさて、どうしたものであろうかのう?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/03/12(日)   CATEGORY: 皇室・皇室典範
ジャパンエコー社に質す
本日、産経新聞他のマスコミから、

政府の「皇室典範に関する有識者会議」のメンバーである岩男寿美子・武蔵工大教授が、自身が編集長を務める海外向けの英文雑誌「ジャパンエコー」二月号に寄せた論文で、女系天皇に異論を唱えた寛仁親王殿下を「時代錯誤の考えには、驚くしかない」と強く批判していたことが十日、分かった。
旨の記事が掲載された。

産経新聞については↓
http://www.sankei.co.jp/news/morning/11iti003.htm


論文の内容については新聞の論調にお任せするとして、ここでは論文を掲載した「ジャパンエコー社」の姿勢について論じてみたい。
「ジャパンエコー社」のホームページ↓
http://www.japanecho.co.jp/indexj.html

には、

私たちジャパンエコー社は、高品質な翻訳・編集のノウハウを持つ専門家集団です。1979年の創立以来、外交、政治、文化、芸術など日本の主張や意見を海外の読者に伝える仕事を続けています。一方で、国際会議の運営や企業の海外向けIR活動の支援もしています。日本を代表する最高の翻訳という自負を持ち、国際コミュニケーションを展開してまいります。

 ジャパンエコー誌(英語版)は、国内の総合雑誌に掲載された論文を英語に翻訳し隔月で発行しています。論文は編集長と専門分野担当の編集委員の責任において選定され、論文選定の背景や理由についての解説と共に掲載されます。国内外で販売する一方、政府海外広報の一環として海外の有識者、オピニオンリーダーらに送付されますが、編集権は独立しています。英語のほかフランス語、スペイン語版もそれぞれ年3回発行し、2004年12月にはアラビア語の特別号を発行しました。北京、ソウルで発行されている中国語、韓国語の論調紹介誌の編集協力も行っています。
(アンダーラインは小生において付加)

と書かれている。

これを事実とすれば、今回掲載された「寛仁親王殿下の時代錯誤の考えには、驚くしかない」という見解は、日本(政府或いは大多数の国民)の意見であるということになる。
誰が一体斯様な断定をしたのであろうか?
それとも、岩男寿美子氏が天皇陛下若しくは内閣総理大臣にでもなったと錯覚したのであろうか?

また、当該論文はジャパンエコー誌以外の「国内の如何なる総合雑誌」に掲載されたのであろうか?
さらに、その「論文選定の背景や理由についての解説」は適切且つ忠実になされ、「掲載されて」いるのであろうか?

「嘘は泥棒の始まり」と言われ、嘘をつかない事は人間としての価値基準において最低限度の遵守事項とされている。

したがって、この点について「ジャパンエコー社」は、速やかに弁明を行わなければならないものと考える。

なお、この「ジャパンエコー社」は、
「ODA白書 2001年、2002年 外務省 Japan's ODA White Paper 英文版の翻訳、制作、印刷」
「対イラク支援パンフレット  2004年、2005年 外務省 アラビア語版・英語版の翻訳、制作、印刷」
「EXPLORE JAPAN  2003年~ 外務省 英語版 2003年・アラビア語版 2004年の翻訳、制作、印刷」
「閣僚プロフィール 政権交代、内閣改造の際、外務省
総理、外相、官房長官、副大臣政務官(英文)」
などをも手掛けているようなのだが(当該ホームページより)、これらが正確に翻訳されて来たかどうかについても疑念を抱かざるを得なくなったのは小生一人ではあるまい。
スポンサーサイト
[ TB*6 | CO*3 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 記事が消えた
釣りキチおやじ | URL | 2006/03/12(日) 21:53 [EDIT]

煬帝さん
化けの皮が剥げつつあるようです。

びーちぇ&まいそふぃさん
こちらからも残念ながらトラックバックできませんでした。

ところで、産経新聞を始めマスコミのIT報道からこの記事がすでに削除されているようです。
圧力でもかかったのでしょうか?

なお、「もう一つの反対論は、われわれが皇族の意見を聞かなかったというものだ。しかし、天皇も皇太子も立場上、この問題に関しては意見を表明しないと示している。」
との主張は「寛仁親王殿下は皇族ではない」と言っていることになるのだが、岩男寿美子氏はこの矛盾に気が付いているのでしょうか?
それとも日本語の使い方が判らないのでしょうか?
● 「ウソをつき、恥じない岩男寿美子女史」
びーちぇ&まいそふぃ | URL | 2006/03/12(日) 12:27 [EDIT]
こんにちは、
摂ブロブにもエントリしましたので、ご案内致します。
TBが出来なくて、残念です。

今後ともよろしくお願い致します。

煬帝 | URL | 2006/03/12(日) 02:34 [EDIT]
結論ありきの議論を追認しただけだと自白してますね。

小泉首相はこれをぶつけられても「既定方針に従って」と言うんでしょうか。
議論を一旦白紙に戻さないと猛攻撃を受けますよ。

TRACK BACK
TB*URL
● フェミニズムの狙う皇室消滅1
ほそかわ・かずひこの BLOG 2006/04/09(日) 13:14
 女性天皇の擁立、女系継承への移行をめざす動きの背後には、共産主義とフェミニズムがある。それらと、反日的な国際勢力とが連携していると思われる。 共産主義は、皇室の廃絶による日本の共産化をめざしている。かつては武装闘争によって「天皇制」を「打倒」することを  [続きを読む]
● 寛仁さまを「時代錯誤」と罵倒したフェミの大御所、岩男寿美子
川崎市の教育を考える会 2006/03/14(火) 03:18
11日付産経新聞1面に出た「典範会議・岩男氏、寛仁さま批判」記事には仰天した。海外向け英文雑誌で、寛仁親王殿下を「時代錯誤」と罵倒していたのだ。岩男寿美子といえば、言わずと知れたフェミニストの大御所。フェミニズム革命の発信源となった男女共同参画社会基本..  [続きを読む]
● やっぱり全世界で戦うのか・・・
よのなかクロマトグラフィー 2006/03/12(日) 08:02
 ちょっとココログのテンプレートを変えてみました。 気分です、気分。  さて、岩  [続きを読む]
● 有識者?岩男壽美子の香ばしい論文見っけ♪
Let's Blow! 毒吐き@てっく 2006/03/12(日) 04:44
あれ? 有識者会議のメンバーは私見を述べないんでなかったのかな? ジェンフリ、男...  [続きを読む]
● 「聖域」を守ってこその保守政治
新・へっぽこ時事放談 2006/03/12(日) 01:21
今回は、産経新聞(3/10)に掲載された井尻千男氏(拓殖大学日本文化研究所 所長)の論文を引用します。「聖域」を守ってこその保守政治許されぬ改革名目での伝統破壊■守  [続きを読む]
● 岩男寿美子の「時代錯誤」発言
なめ猫♪ 2006/03/12(日) 00:36
今朝の産経・毎日など一部新聞に有識者会議の委員である岩男寿美子氏が海外向けの雑誌で寛仁親王殿下を「時代錯誤」などと批判していることが報じられました。原文は↓http://www.japa  [続きを読む]
Copyright © 釣りキチおやじの言いたい放題. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。