釣りキチおやじの言いたい放題
心の伝統文化をも捨て去ろうとしているこの日本、 荒波にもまれて何処へ行くのか! ただ指を咥えて傍観しているわけにもゆくまいて。 はてさて、どうしたものであろうかのう?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/02/23(木)   CATEGORY: 皇室・皇室典範
天に向かって唾す
本日の朝日に、
週刊誌の皇室報道「目に余る」 宮内庁長官↓
http://www.asahi.com/national/update/0223/TKY200602230308.html

との記事が掲載された。
-以下、引用-
 宮内庁の羽毛田信吾長官は23日の定例記者会見で、秋篠宮妃紀子さまご懐妊が明らかになってからの週刊誌等の報道について、誤った事実や憶測が含まれたものが多いとして、「目に余る。誠に遺憾」と述べた。紀子さまにとっては今、静かな環境が極めて大切で、「心ない記事でご負担をおかけすることがあってはならない」と語った。
 そのうえで、「(秋篠宮)妃殿下が他の方のご意向のままに懐妊されたかのような失礼な記事」「(雅子さまと紀子さまの)立場や歩みの違いを無遠慮に比較した記事」などを挙げ、「心が痛む」とした。さらに、憶測に基づき(天皇ご一家の中に)わだかまりがあることを印象づけようとする記事があると指摘して、「良識の中でお書きいただきたい」と求めた。
-引用終わり-

この羽毛田信吾氏、本当に長官なのだろうか?
週刊誌が面白おかしく書き立てるきっかけを作ったのは、他ならぬ羽毛田信吾氏自身ではないか。
「目に余る。誠に遺憾」
「心ない‥‥ご負担をおかけすることがあってはならない」
「失礼な」
「無遠慮に」
「良識の中で」
これらの言葉が全て「羽毛田信吾氏自身に向かって発せられたものだ。」と言われれば、「なるほど。」と頷く人は多い筈である。
直ぐに連想されることは、時々マスコミに登場する「消防職員による放火」事件。
マッチ-ポンプともいう。

確かに今の日本、人材不足の感は否めない。
だが、余りにもひどすぎると感じるのは小生一人だけではあるまい。
スポンサーサイト
[ TB*2 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● ご挨拶
ハハサウルス | URL | 2006/03/01(水) 16:01 [EDIT]
釣りキチおやじ様

 此の度、一身上の都合(http://blog.goo.ne.jp/hahasaurs425/e/d726295d2bffc540445355be73fde059)で、ブログを閉鎖させて頂くことになりました。私としても非常に残念なのですが、考えた末のことです。

 釣りキチおやじさんには子育てのお話から皇室のお話などいろいろ教えて頂き有難うございました。まだまだ未熟な母の子育てですが、「教育は家庭から」をモットーに責任を持って何とかけじめのある子に育てたいと思っています。コメントはできないかもしれませんが、今後も読ませて頂きます。

 本日はお礼とご挨拶まで…。

煬帝 | URL | 2006/02/24(金) 22:10 [EDIT]
宮内庁って生え抜きの職員を長官にすることは出来ないんですかね。
他所の官庁のお下がりを押し付けられてるように見えるんですが。

TRACK BACK
TB*URL
● 第52号 皇室の今後を憂える集会のご案内
帝國愁報 2006/02/24(金) 13:42
皇室の今後を憂える同志が集まる集会・オフ会を行う計画がある。真に皇室の今後を憂える方は、万障お繰り合わせの上、ご参加いただきたい。  [続きを読む]
● 3月7日 皇室の伝統を守る1万人大会
新・へっぽこ時事放談 2006/02/24(金) 11:49
「秋篠宮妃紀子殿下のご懐妊の報道で、皇室典範改正を小泉首相が性急に推し進めようとなさったが、これは止まって良かった。ですが小泉首相はまだ未練たらしくあれで良かったみたいな  [続きを読む]
Copyright © 釣りキチおやじの言いたい放題. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。