釣りキチおやじの言いたい放題
心の伝統文化をも捨て去ろうとしているこの日本、 荒波にもまれて何処へ行くのか! ただ指を咥えて傍観しているわけにもゆくまいて。 はてさて、どうしたものであろうかのう?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
中国の「対日政治工作」と、その操り人形たち その5
昭和40年代から50年代にかけて自民党本部にいた知人は、「政治家や官僚を裏からをも多年にわたってつぶさに見た者として、様々な面で思い当るふしがあり、この要綱をもってはじめて辻褄が合うことも多い。」と言う。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「日本解放第二期工作要綱」(前回よりの続き)

第3.政党工作
1.連合政府は手段
 日本の内閣総理は、衆参両院の本会議で首班指名選挙を行って選出される。両院で議員総数の過半を掌握すれば、人民の意志とは関係なく、任意の者を総理となし得るのである。
 1972年7月の現況で言えば、自民党の両院議員中、衆議院では約60名、参議院では10余名を獲得して、在野党と同一行動を取らせるならば、野党連合政府は容易に実現する。しかし、この方式を取るならば、社会党、公明党の発言権を益するに留まり、且つ最大の単独多数党は依然として自民党であり、この二点は純正左派による「日本人民共和国」成立へと進む阻因となることは明らかである。
 自民党のみではなく、社会党、公明党、民主社会党もまた、無産階級の政党ではなく、最終的には打倒されるべき階級の敵の政党であることを忘れてはならない。
 本工作組に与える「民主連合政府の樹立」という任務は、日本解放の第二期における工作目標に過ぎず、その実現は第三期の「日本人民民主共和国」樹立の為の手段に過ぎない。
 共和国樹立へ直結した、一貫的計画の元に行われる連合政府工作でなければ、行う意義は全くない。

2.議員を個別に掌握
 下記により国会議員を個別に掌握して、秘密裏に本工作員の支配下に置く。

A.第一期工作組がすでに獲得したものを除き、残余の議員全員に対し接触線を最少4線設定する。

B.上の他、各党の役職者及び党内派閥の首長、有力者については、その秘書、家族、強い影響力を持つ者の3者に、個別に接触線を最少2線設定する。

C.上の接触線設定後、各線を経て知り得る全情報を整理して、「議員身上調査書」の拡充を期し、公私生活の全貌を細大漏さず了解する。

D.右により各党毎の議員を「掌握すべき者」と「打倒排除すべき者」に区別し、「掌握すべき者」については「連合政府の樹立にのみ利用しうる者」「連合政府樹立より共和国成立に至る過渡期においても利用し得る者」とに区別する。
 ここに言う「打倒・排除」とは、その議員の党内における勢力を削ぎ、発言権を低下せしめ、孤立に向かわせることを言う。

E.「掌握」又は「打倒」は調査によって明らかとなったその議員の弱点を利用する。
 金銭、権力、名声等、欲するものを与え、又は約束し、必要があれば中傷、離間、脅迫、秘している私事の暴露等、いかなる手段を使用してもよい。
 敵国の無血占領が、この一事に懸っていることを思い、いかなる困難、醜悪なる手段も厭うてはならず、神聖なる任務の遂行として、やり抜かねばならない。

3.招待旅行
 上の接触線設置工作と並行して議員及び秘書を対象とする、我が国への招待旅行を次の如く行う。

A.各党別の旅行団
 団体の人数は固定せず、実情に応じて定める。但し、団体構成の基準を、「党内派閥」「序列」「年齢」「地域別」「その他」そのいずれかにおくかは慎重に検討を加え、工作員の主導の下に、我が方に有利になる方法を採らしむるよう、工作せねばならない。

B.党派を超えた議員旅行団
 議員の職業、当選回数、選挙区、選挙基盤団体、出身校を子細に考慮し、多種多様の旅行団を組織せしめる。

C.駐日大使館開設後1年以内に、全議員を最低1回、我が国へ旅行せしめねばならない。自民党議員中の反動極右分子で招待旅行への参加を拒む者に対しては、費用自弁の個人旅行、議員旅行団以外の各種団体旅行への参加等、形式の如何を問わず、我が国へ一度旅行せしめるよう工作せねばならない。

D.旅行で入国した議員、秘書の内、必要なる者に対して、国内で「C・H・工作」を秘密裏に行う。

     (以下次回)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

日本の内閣総理は、両院で議員総数の過半を掌握すれば、人民の意志とは関係なく、任意の者を総理となし得る
手っ取り早く日本を手に入れる方法。

社会党、公明党、民主社会党もまた、無産階級の政党ではなく、最終的には打倒されるべき階級の敵の政党である
徹底的に利用し、利用価値がなくなれば最終的に叩き潰す意図か。

国会議員を個別に掌握して、秘密裏に本工作員の支配下に置く。
「国会議員って言うのは、国民の生命と財産を守るといわれてるけど、私はそんなつもりでなってへん。私は国家の枠をいかに崩壊させるかっていう役割の国会議員や」と宣ったとされる社民党衆議院議員・辻元清美氏
http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50134598.html
は、正直に告白しているが、黙っている議員の方がもっと怖いかも。

議員全員に対し接触線を最少4線設定する。
まず100%議員本人が気付くことはないに違いない。

各党の役職者及び党内派閥の首長、有力者については、その秘書、家族、強い影響力を持つ者の3者に、個別に接触線を最少2線設定する。
「城を確実に落すには、搦手から攻めろ」
本人自身が頑張っていても、女房・子供、親・兄弟になき落されても正常でいられるか。

公私生活の全貌を細大漏さず了解する。
情報網は十二分に張り巡らされているということ。

「打倒・排除」とは、その議員の党内における勢力を削ぎ、発言権を低下せしめ、孤立に向かわせることを言う。
西村真悟議員は、これに引っ掛ったのではないか。

敵国の無血占領が、この一事に懸っている
「日本の解放」などという生易しいことではなく、露骨に「日本が欲しい」ということ。

(招待旅行は)議員及び秘書を対象とする
秘書の不祥事で議員を辞めざるを得ない事件を洗う必要あり。

多種多様の旅行団を組織せしめる。
「泥棒にも三分の理」
こじつければ組織することは可能であるだろう。

旅行で入国した議員、秘書の内、必要なる者に対して、国内で「C・H・工作」を秘密裏に行う。
中共経営の売春クラブで写真を撮られたバカ経済人。
http://nikaidou.com/clm1/0601/060101.html
に掲載されたのがこの「C・H・工作」であろうか。
橋本元総理も引っ掛った由。
在上海日本総領事館員の自殺事件も同様であろう。
外務官僚、外交官のみならず、この度の皇室典範改正問題をみると、宮内庁官僚までもがこの術中に嵌ったとみることができようか。
スポンサーサイト
[ TB*2 | CO*5 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● コピペ「くらた共子のママチャリを見つけたら、叩き壊そう! 」
くらくら | URL | 2006/07/08(土) 19:40 [EDIT]
http://8213.teacup.com/kyouwa/bbsにあった書き込みを紹介します。ちょっと過激だけど、所詮日本共産党なんて、中国の手先ですしね。
ちなみにくらた共子とは日本共産党の京都市議です。
****************************************
くらた共子のママチャリを見つけたら、叩き壊そう! 投稿者:くらた共子のママチャリを見つけ 投稿日: 6月16日(金)23時21分32秒
拉致加害者と兄弟政党の日本共産党の京都市議のくらた共子は、自身のホームページで「中国を「覇権主義」などと非難するなど、常識を逸した内容」と言いました。
http://www.tomoko-kurata.jp/prof/nitsusi6/day0201.html
http://www.tomoko-kurata.jp/
このことからも、日本共産党は中国の手先、尖閣諸島軍事侵略者の手先、東シナ海の資源泥棒の手先、発ガン物質混入食料輸出者の手先、大量処刑集団の手先、圧政国家の手先であることが伺えます。

尖閣諸島の軍事侵略や、東シナ海の資源強奪行為があるのに、常軌を逸しているのは中国であり、くらた共子ではないでしょうか?
中国の手先=くらた共子よ、死んじまえ!
中国のスパイ=くらた共子よ、死んじまえ!
中国の工作員=くらた共子よ、死んじまえ!
偽善者・くらた共子に天誅を!
尖閣諸島軍事侵略者の手先=くらた共子に天誅を!
東シナ海の資源泥棒の手先=くらた共子に天誅を!
発ガン物質混入食料輸出者の手先=くらた共子に天誅を!
大量処刑集団の手先=くらた共子に天誅を!
圧政国家の手先=くらた共子に天誅を!
infohp@tomoko-kurata.jp <infohp@tomoko-kurata.jp>
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/cpgkyoto/shoukai/shoukai02/kurata.htm

くらた共子のママチャリを見つけたら、叩き壊そう!

● みなさんコメント有難うございます
釣りキチおやじ(改称しました) | URL | 2006/02/23(木) 22:34 [EDIT]

ろろさん
二階俊博も今中国のようです。

ハハサウルスさん
本日の日経新聞に「中国は日本を併合する」とのタイトルの本が広告として掲載されていました。
● 議員の資質
ハハサウルス | URL | 2006/02/23(木) 15:07 [EDIT]
こんにちは、TB有難うございました。

議員の先生方は当選したことに浮かれていないで、敵は内外にいることに十分留意して頂かないと、知らぬ間に「中共の走狗」になっていないとも限りませんね。もちろん自覚して工作員活動に勤しむ売国議員も多いのですが…。「なんであんなのが…」という人が当選しますが、国民にも責任はあります。とはいえ、選びたい立候補者がいないのも悲劇です。

ろろ | URL | 2006/02/19(日) 21:48 [EDIT]
中川秀直が、自民党の子分を連れて訪中するようです。

加藤紘一や山崎拓が「消えた」と思ったら、今度はこいつか・・・。
人権擁護法案推進派のボス格二人のうちの一人です。潰したいですね。
(もう一人は、二階俊博)
● 一首献上!
鵺娘 | URL | 2006/02/19(日) 16:37 [EDIT]
人を皆  敵と味方に  分けるなり
黒と白だけ  灰色(グレー)はあらず


私にもそういう所はあるので!

TRACK BACK
TB*URL
● 辻元氏を落選させるべき
Nanyasoreの日記 2006/02/20(月) 11:15
社民・辻元清美氏が出馬表明 「敗者復活のきく社会を」 社民党が衆院大阪10区の公認候補として擁立を決めた元衆院議員・辻元清美氏(45)が16日、大阪府高槻市で記者会見し、立候補を正式に表明した。比例近畿ブロックにも重複立候補する。辻元氏は「敗者復活のきく  [続きを読む]
● 議員会館
薄唇短舌 2006/02/19(日) 16:04
いや、なかなか面白かったなあ。 いえね、先日、住んでる地元が選挙区の代議士氏が、  [続きを読む]
Copyright © 釣りキチおやじの言いたい放題. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。