釣りキチおやじの言いたい放題
心の伝統文化をも捨て去ろうとしているこの日本、 荒波にもまれて何処へ行くのか! ただ指を咥えて傍観しているわけにもゆくまいて。 はてさて、どうしたものであろうかのう?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
中国の「対日政治工作」と、その操り人形たち その4
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「日本解放第二期工作要綱」(前回よりの続き)

2.テレビとラジオ
A.これらは、資本主義国においては「娯楽」であって、政府の人民に対する意志伝達の媒介体ではない。この点に特に留意し、「娯楽」として利用することを主点とすべきである。具体的な方向を示せば、「性の解放」を高らかに謳い上げる劇又は映画、本能を剌激する音楽、歌謡等は望ましい反面、スポーツに名を借りた「根性もの」と称される劇、映画、動画、または歴史劇、映画、歌謡並びに「ふるさとの歌祭り」等の郷土愛、民族一体感を呼び醒ますものは好ましくない。前者をより多く、後者をより少なく取り上げさせるよう誘導せねばならない。

B.テレビのニュース速報、実況報道の利用価値は極めて高い。画面は真実を伝えるものではなく、作るものである。目的意識を持って画面を構成せねばならない。

C.時事解説・教養番組等については、新聞について述べた諸点がそのまま適用されるが、これは極めて徐々に、少しずつ注意深くなされねばならない。

3.出版(単行本)
A.我が国への好感、親近感を抱かせるものを、第一に取り上げさせる。風物写真集、随筆、家庭の主婦が興味を抱く料理、育児所の紹介など、受け入れられ易いものを多面に亘って出版せしめる。

B.社会主義、毛沢東思想などに関する理論的著作も好ましい。しかし、我が国の社会主義建設の成果、現況については、極右分子の誹謗を困難ならしめるよう配慮させねばならない。

C.マスコミの主流から締め出された反動極右の反中国の言動は、単行本に出路を求めているが、これは手段を尽くして粉砕せねばならない。特に、社会主義建設の途上で生じる、止むを得ない若干の歪み、欠点について、真実を伝えると称してなされる暴露報道を絶対に放置してはならない。これらについては、誹謗、デマで両国関係を破壊するものであるとして、日本政府に厳重に抗議すると共に、出版社主、編集責任者、著者を告訴して根絶を期すべきである。

D.一般娯楽面の出版については「デンマークの進歩を見習え」として、出版界における「性の解放」を大々的に主張せしむべきで、春画、春本の氾濫は望ましい。

E.単行本の出版についての今一つの利用法は「中間層文筆業者」の獲得である。「中間層」とは思想的に純正左派、または右派に属しない、中間の動揺分子を言い、「文筆業者」とは、凡そ文筆を以て世論作りにいささかでも影響を与え得る者全てを言う。彼等に対しては或いは原稿料を与え、或いは出版の支援をなして接近し、まず「政治的・思想的立場の明快さを欠く」中間的著作をなさしめ、徐々に我が陣営へと誘導する。

4.本工作にマスコミ部を設けて、諸工作を統轄する

     (以下次回)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

これら(テレビとラジオ)は、資本主義国においては「娯楽」であって、政府の人民に対する意志伝達の媒介体ではない。
平和ボケ国家におけるマスメディアの現状を正確に把握している。

テレビのニュース速報、実況報道の利用価値は極めて高い。画面は真実を伝えるものではなく、作るものである。目的意識を持って画面を構成せねばならない。
「汕尾虐殺事件」↓
http://www.epochtimes.jp/jp/2005/12/html/d65219.html
における「警察が3人の遺体に警察の制服を着換えさせ、写真を撮っていた」「また、一部の死体が警察の制服に着換えさせられた後、火葬場に運ばれた」
などは、この典型であろう。
朝日の度重なる捏造事件は、この命令を忠実に遂行していることに他ならない。

時事解説・教養番組等については、新聞について述べた諸点がそのまま適用されるが、これは極めて徐々に、少しずつ注意深くなされねばならない。
NHKの「プロジェクトX」もこの一環と思われる。

社会主義建設の途上で生じる、止むを得ない若干の歪み、欠点について、真実を伝えると称してなされる暴露報道を絶対に放置してはならない。これらについては、誹謗、デマで両国関係を破壊するものであるとして、
中国は、このことが致命的であることを充分認識している。
であるから、たとえ本当のことでも決して認めない。
何としても「真実を報道させるな!」ということだ。

誹謗、デマで両国関係を破壊するものであるとして、日本政府に厳重に抗議すると共に、出版社主、編集責任者、著者を告訴して根絶を期す
日中の法体系の違いで今はよいが、改めて褌を絞め直す必要はある。

出版界における「性の解放」を大々的に主張せしむべきで、春画、春本の氾濫は望ましい。
このレールに乗っかって嬉々としている人たちの何と多いことか。

文筆を以て世論作りにいささかでも影響を与え得る対しては或いは原稿料を与え、或いは出版の支援をなして接近し、まず「政治的・思想的立場の明快さを欠く」中間的著作をなさしめ、徐々に我が陣営へと誘導する。
思い当たる有名人も多いのでは?
それとも自覚症状全くなし?
スポンサーサイト
[ TB*1 | CO*1 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 一首献上!
鵺娘 | URL | 2006/02/19(日) 16:42 [EDIT]

声高に   性の解放   叫べども
ますます進む   二極分化や


これは日本にも当てはまりますね?

TRACK BACK
TB*URL
● 中国共産党「日本解放第二期工作要綱」
こん 2006/03/04(土) 13:33
私がBlogを開始する前から、マスコミの偏向報道、教育問題、外交などに関する疑問を感じていた。 マスコミの偏向報道とは、3バカ国家に対する扱いと米軍や自衛隊に対する扱いの温度差だけではなく、日常では、例えば、若貴兄弟の不仲具合などの芸能スキャンダルを報  [続きを読む]
Copyright © 釣りキチおやじの言いたい放題. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。