釣りキチおやじの言いたい放題
心の伝統文化をも捨て去ろうとしているこの日本、 荒波にもまれて何処へ行くのか! ただ指を咥えて傍観しているわけにもゆくまいて。 はてさて、どうしたものであろうかのう?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/02/02(木)   CATEGORY: 教育-子育て
緊張感と責任感
今年も又受験の季節となったのだが、

「乗り過ごし受験生“救助”JR東日本が温情停車」↓との、以下の記事に出会った。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060202-00000105-kyodo-soci
「特急を乗り過ごし入学試験に遅刻しそうになった受験生を助けるため、JR東日本が2日、ダイヤでは通常止まらない駅に緊急停車した。」というのである。

また、
「遅刻したら人生の一大事---パトカーで受験生を送り届ける」↓との、以下の記事にも出会った。
 http://response.jp/issue/2004/0209/article57713_1.html
「京都府警は7日、大学受験の会場を間違え、遅刻のために受験資格を失いそうになっていた女子生徒を緊急走行扱いのパトカーで送り届けたことを明らかにした。」というのである。

いずれも「人生を左右する一大事であり、緊急事態に相当すると判断した」という。
確かに心温まる話ではある。
がしかし、本当にこれでいいのだろうか?
JR東日本や京都府警は「人生を左右する一大事」と考えてくださったのだが、本人たちにとっても「人生を左右する一大事」との思いが果たしてあるのであろうか?
そうであれば、時刻表や地図で充分に確認し、それでもなお時間に余裕を持っていくのではなかろうか?
小生も何度か様々な試験を受けてきたが、必ず前日に下見をしたものである。
知り得る友人たちも皆同じであったと記憶している。
「人生を左右する一大事」ならば、本人が一番気を配るべきなのではないのか?

先日、NHKで某建築士の方が「最近の日本人は、ボーッとして『緊張感と責任感』に欠けている。列車脱線事故を始めとする事件の大部分はこのことが原因である。」旨の発言をされていたが、まさに的を射ていると言える。
赤ちゃんを取り違えた、薬の種類や分量を間違えて患者を殺したなどとマスコミを度々賑わす医療事故も又この延長線上にあることは間違いない。

「マニュアル人間」と呼ばれ、指示されなければ動かず、指示されたことだけしかしない、出来ない人間。
自分で考え、積極的にやるべきことを見つけ出し行動することが出来ない人間。
挙句の果て、自分自身に対する責任さえ負えない。
このような人間が増えているのである。

JR東日本や京都府警の温情に接した若者が、これを契機に「緊張感と責任感」のある人間になってくれればいいのだが、
反対に、「いざとなったら、泣けば誰かが助けてくれる」と思うようになりはしまいかと、老婆心ながら、心配するほうが大きいのは、やはり時代のなせる業か。

小生の親が緊張感を養うために小生にしてくれたことを最後に記す。
小学校一年生の時、運動会の次の日は土砂降りだった。
いつものように弁当が入ったランドセルをかついで、長靴を履いて傘をさし家を出た。
ものすごい雨のためもあって、道すがら誰にも出合わず、学校へ到着。
しかし、シーンと静まり返って、雨の音以外しない。
人っ子一人おらず校舎の鍵も閉まっている。
狐につままれた思いで懸命に背伸びして教室をのぞいていると、用務員さんが出てきた。
「今日は、お休みだよ。」
家に帰ると父も母も笑っていた。
そして、
「おまえが、先生の言うことを真面目に聞いていないからこんなことになるのだ!」と叱られた。
父も母も、当然のことながら知っていたのである。
時々先生の話を上の空で聞いている小生を何とかしたいと機会を窺い、チャンス到来とばかり、反省を促すために、弁当まで作って、そ知らぬ顔をして小生を土砂降りの中へ送り出していたのである。
弁当まで作ってくれた親に、「教えてくれたらよかったのに」との思いにはさすがになり得なかった苦い思い出である。
スポンサーサイト
[ TB*8 | CO*5 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● すばらしい
Miruba | URL | 2006/02/05(日) 15:56 [EDIT]
ネットながれでたどりついたものです

あなたのご両親のお話を読んでレスしないではいられなかった
素晴らしいご教育
教育に完璧はありません
それは政治にも経済にもイデオロギーにもそして 恋にも^^
完璧がないのと同じことです
ですが これはいい!という方法がある
まさに あなたは素晴らしいご教育を受けられたのですね
あなたのほかのお話を拝見してもしっかりとしたお考えに舌を巻きます
これからも素敵なお話うかがわせてくださいね
色付きの文字斜体の文
● せめて下見くらいは・・・
teru | URL | 2006/02/04(土) 18:10 [EDIT]
しばらく前に、コメントさせていただきました者です。今回のセンター試験、思うところもあって、TB&コメントさせていただきます。

確かに受験は人生の一大事ですが、それなら下見くらいはして欲しいですね。他の資格試験なら、就職に直結すような試験でも、遅刻したら会場に入ることもできません。

あと受験は大事ですが、もっと大事なのは“その後”と考えます。
● 不公正ですらある
nq | URL | 2006/02/04(土) 14:24 [EDIT]
まったく同感です。
さらに付け加えれば、受験というのは限られた椅子を取り合う競争ですから、ぼんやり者が救われた代わりに、一生に一度の大事という自覚をもって遅刻をしないように気をつけていた別の受験者が間接的に不当な不利益をこうむったことにもなります。
● 菊花の契り
鵺娘 | URL | 2006/02/03(金) 09:32 [EDIT]
いつも会社に遅刻して来る子がいました。遅刻をして来てもお金を引かれないと知ると彼女が会社に来る時間は段々遅くなって来ました。別の会社では「遅刻した分の金は引かれているのだから(遅刻をしても文句は言われる筋合いはない)と口にする人もいました。
「学校が8時に始まる事に疑問を持つ事が大切」教師は言い、「8時に来られない子に配慮をしろ!」と言う親達がいます。「季節の違う花をどうやって咲かせるか知ってる?袋を被せたり、光を当てたりして冬を春だと思わせるのよ。9時にしか起きられないというなら袋を被せたり、光を浴びせたりして7時を9時と思わせればいいのよ!
私の発言は児童虐待ですか?
障害者の職業訓練校で答えによっては△をくれるという先生がいました。△を貰った人は○を貰うように努力するのではなく、答えが間違っていても△をくれるのだから△の努力しかしなくなるのです。
バックアップを怠った人がデターを消失させてしまったからコピーをさせてくれと言って来た方がいました。お断りしました。「貴方が一からデータを作り直す事なら手伝ってあげてもいい」「何であんたの為にそこまでしなきゃいけないのよ?コピーした方が早いじゃん!」それでは一人で苦しんで下さい。助けを受けても当然と思う人は次からも同じ事を要求します。
● 失敗も人生
ハハサウルス | URL | 2006/02/03(金) 01:19 [EDIT]
こんばんは、TB有難うございました。

何やら日本も「韓国化」してきたのか、列車を止める、パトカーで送り届けるが美談になってきたのでしょうか。私は雪国育ちで「大雪の為、列車が遅れての特例」はありましたが、個人の落ち度は認めてもらえないのが普通だと思っていました。受験できないということは、大きな失敗ではあるでしょうが、それも人生訓になると思います。いつでもどこでも救済の手が差しのべられるとは限らないのですし…。

いざりうおさんのお話で思い出したのですが、小学校に入学以後、ふいの雨でも私の母は決して迎えには来てくれませんでした。母曰く「小学生になったのだから、自分で考えて帰ってきなさい」でした。具合が悪くても「どうしてもダメな時は早退してもいいから」と、頭が痛くても泣き泣き学校へ行ったものです。どれもいい経験です。

TRACK BACK
TB*URL
● 米で中学生にノートパソコンの無償配布、成績向上せず
One And Only 2006/04/14(金) 22:03
米国東部時間4月12日、USAトゥデイによると、10日に米国教育研究協会の年次総会が開催され、パソコンやインターネットの導入が生徒の学習を手助けしているか、調査結果が発表されました。 シラキューズ大学とミシガン州立大学は、2003年に開始した中学生にノート  [続きを読む]
● センター試験をやってみる
細腕(隠れ肥満)マニュアル制作日報(仮) 2006/02/04(土) 18:06
時間が空いたので、先日行われたセンター試験を自分でやってみた。リスニングは満点が取れたが、リーディングではつまらないミスもあって、177/200点だった。長文の中にセンテンスを挿  [続きを読む]
● 乗り過ごし受験生“救助” JR東日本が温情停車
参加型ニュースサイト@NEWZ(アット・ニューズ) 2006/02/04(土) 06:44
特急を乗り過ごし入学試験に遅刻しそうになった受験生を助けるため、JR東日本が2日、ダイヤでは通常止まらない駅に緊急停車した。 JR東日本によると、受験生は高校3年の女子生徒。独協大(埼玉)の入学試験のため、長野県の信濃大町発、新宿行き特急スーパーあずさ6  [続きを読む]
● “温情停車”に思うこと
YAMA’s Blog 2006/02/03(金) 18:44
今年もはや2月になり、いよいよ受験シーズンが到来。YAMAは既に社会人なのですが、やはりこの季節になると当時を懐かしく思い出します。『幻想水滸伝2』にハマってたっけ。さて、受験となると、どうしても電車での移動が多いもの。で、ここ数年よく目にするのが「温情  [続きを読む]
● 毎年恒例 受験生のための緊急停車
ひげにぃの社会部 2006/02/03(金) 18:29
[JR特急]乗り越し受験生のために“緊急停車”母親と一緒に特急電車に乗り込んだ女子高生が乗り換え駅である八王子で下車し忘れて、スーパーあずさ6号を緊急停車させたらしいです。去年も東北新幹線を止めちゃう方いらっしゃいましたね?今回は特例というJRだが特例がそう  [続きを読む]
● [JR特急]乗り越し受験生のために緊急停車
(・ω・) 2006/02/03(金) 11:45
 JR信濃大町(長野県大町市)発新宿行き特急「スーパーあずさ6号」が2日、大学受験で東京都立川市内の試験会場に向かう途中に降車駅を乗り越した女子高生のために、本来は通過する三鷹駅で“緊急停車”した。女子高生は下り電車に飛び乗って立川駅に引き返し、試験に間  [続きを読む]
● 受験生のための温情停車。「止めるなら今年」だった件
バカに厳しいバカばかり 2006/02/03(金) 11:21
受験シーズンの風物詩になりつつあるね。「乗り間違えた受験生助けるJR」。後でいくら釘刺そうと、これだけ同じことを毎年やっていては、多分受験生側にも「乗り間違えた受験生のためには電車は停まるもの」という認識が定着していると思う。  [続きを読む]
● また来たよ、この季節
ヒマ人のつぶやき 2006/02/03(金) 00:20
去年も書きましたが…、また温情停車だよ。ここを。リンクが切れると思うので勝手に無  [続きを読む]
Copyright © 釣りキチおやじの言いたい放題. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。