釣りキチおやじの言いたい放題
心の伝統文化をも捨て去ろうとしているこの日本、 荒波にもまれて何処へ行くのか! ただ指を咥えて傍観しているわけにもゆくまいて。 はてさて、どうしたものであろうかのう?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/02/01(水)   CATEGORY: 皇室・皇室典範
「皇室典範改正」は「選挙公約」ではない
毎日新聞調査によると、↓
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/seitou/news/20060123k0000m010121000c.html
「<自民支持率>7ポイントも減少28%に」として
「毎日新聞が(平成18年1月)21、22の両日実施した世論調査によると、支持政党で自民党を挙げた人は28%で、昨年11月の前回調査より7ポイントも減少した。」
「自民党の支持率は「郵政政局」が本格化した昨年8月以来、一貫して3割を超える水準を保っており、20%台は昨年7月の調査以来。年代別では20代を除くすべての年代で低下。とりわけ高齢層での支持離れが顕著で、60代は前回の52%から36%に、70代以上も47%から29%へと18ポイントも支持を落とした。」
とされている。
この理由としては何故か意図的に触れたがらないが、皇室典範改正問題が大きく影響していることは明らかである。

ところが、
「緊急事態の可能性あり」として、↓
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-255.html#comment617
コメント欄に
「未確認情報ではありますが
小泉首相は2月13日あたりに皇室典範改悪を閣議決定するかもしれません。
これはつまり、自民党内の内閣部会、政調審議会、総務会などの過程を一切省略するという、憲政史上前代未聞の暴挙!!!」であるとし、
また、
「小泉首相は「たとえ殺されても皇室典範は改正する」と発言していたという。
どういうわけなのか全く理解に苦しむが、それだけ小泉首相は「本気」だということです。 」
「来週頭にも「自民党が典範改正案を通さないというのなら、閣議決定して内閣から改正案を国会に提出して自由投票にかけるまでだ」と小泉首相は宣言する可能性がある。」
「「もし自民党議員が造反するならば、また解散総選挙して、党として公認はしない」と脅すつもりみたいだ。」
との情報が寄せられている。

確かに「郵政民営化」は「選挙公約」として掲げ、それをもって総理となり選挙を戦って勝ったのであるから、「郵政民営化を死んでも遣り抜いた」のは理解できる。
しかしながら、「皇室典範改正」については「選挙公約」どころか論点にさえ挙がってこなかったではないか?
したがって、「自民党議員が造反するならば、また解散総選挙して、党として公認はしない」などとは、今度は絶対に認められる筈がない。

もう一度言う。
「皇室典範改正」は「選挙公約」ではない!
それを、何故に、
「自民党の支持率を落して」しまう事態に陥っていながら
「たとえ殺されても」と言うまで
「徹底的に固執」するのか?
韓国で?
北朝鮮で?
中国で?
「26億円もの無償援助を中共に対して行った」橋本龍太郎元首相↓
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H10/1005/100535hashimoto.html
のように、「色仕掛け」で篭絡されたのか?
独身を通す小泉純一郎ならば、その可能性は大いにありうる話ではあるが、
いずれにしろ、
最早、裏に何かあると確信せざるを得ない。
スポンサーサイト
[ TB*7 | CO*3 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

立寄り人 | URL | 2006/02/04(土) 20:08 [EDIT]
>私は郵政民営化に関しては、小泉がアメリカの意向に従ったのだと思っています。

そうみたいですね。毎年アメリカから’こうしろ’’ああしろ’と命令に近いレポートが政府に送られるらしいですね。

>独身を通す小泉純一郎ならば、その可能性は大いにありうる話ではあるが、

はははっ! 今まで考えたことありませんでしたが、ひょっとして?? ... と理由を考えてみたりせざるを得ないくらい本当に、小泉首相の今回の行動は理解しがたいですね。

小泉さん、軽薄に皇室改革などを考え出して引くに引けずに意地を張っているのなら、そんなバカなこと早くやめてくださいな。それとも本当は諦める良い機会を待っているのかな、と希望的観測です。
● そうだったのか?
鵺娘 | URL | 2006/02/02(木) 13:57 [EDIT]
平成になってからの総理大臣で教科書に載りそうな人を考えて見ましたが、総理の名前自体が思い浮かびません。しかし今回の愚行を強行すれば確実に歴史に名を残す事が出来ます。そこで膝を打ちました。小泉氏は自身は信長を気取っているけれど松永弾正だったのだ!
 蝮の名 歴史に残す 男あり
 神を殺せど 神にはなれず

弾正は義輝を殺し足利幕府を倒しました。その後、京に上り天皇の暗殺さえ企んでいたと何かの本で読みました。歴史上で唯一、天皇を利用するだけでなく自分が天皇になろうとした男であるとも聞きました。にも関わらずドラマや小説の中では狂言回しの役しか与えられません。それはもっと大きな権力に繰られた駒に過ぎなかったからではないからでしょうか?小泉氏の後ろにももっと大きな力が隠れていると思います。私は人間的には小泉氏の事は決して嫌いではありませんよ。彼に一番似合う言葉は「お調子者

百式 | URL | 2006/02/01(水) 23:49 [EDIT]
 小泉を首相の座から引き下ろす方法は無いのでしょうか?
 小泉といえば、アメリカのポチだという話がありますが、その辺はどうなのでしょう?
 私は郵政民営化に関しては、小泉がアメリカの意向に従ったのだと思っています。

TRACK BACK
TB*URL
● 天皇問題 その25 江戸後期天皇の末裔は? 全然議論不足だ!
時事問題ショートコメント! 2006/02/04(土) 21:43
前回、竹田氏の素晴らしいご意見のさわりをご紹介したが、こうした今も凛々しい旧宮家の方々のほかにも、一度視野を広げてみたい方々が、個人的にはおられる気がしている。それは江戸後期の天皇様のご末裔で、男系男子が維持されているお血筋のことだ。宮内庁! 資料を出..  [続きを読む]
● 皇室問題の論じ方(五)
西尾幹二のインターネット日録 2006/02/03(金) 20:57
 かつて私の母は香奠袋を買い貯めることを決してしなかった。御霊前と書かれたあの袋...  [続きを読む]
● 産経GJ!! 【主張】「言論封じ」こそ控えては
まいっちん愚ログ 2006/02/03(金) 18:44
昨日の朝ピー新聞の斜説には正直度肝を抜かれました。{/hiyob_hat/}■【斜説】寛仁さま 発言はもう控えては いやいや、言論を糧としている新聞社が、皇族の言論を封じようとする文章を、「社説」として書いてくるとは一体どういうことなんやろか?と。今までもさんざん朝ピ  [続きを読む]
● ★皇室典範問題は歴史の一大事である★
日本の心を育むネットワーク 2006/02/03(金) 12:05
★皇室典範問題は     歴史の一大事である★ ■特別インタヴュー■(平成18年1月9日)三笠宮寛仁親王殿下が 「日本会議」機関紙『日本の息吹』でご発言!☆国民に本当のことを     知って戴きたい。☆みんなに真剣に     考えてもらいたい。   三笠  [続きを読む]
● 格差を政治の責任にするな
日本を考える 2006/02/02(木) 21:09
 資本主義社会では多少の所得の格差が出ると言うのは仕方のないことだ。下流社会と言う本がベストセラーになり、マスコミなどは必死にこの格差を大宣伝している。そしてこの原因は政治に押し付けられていると言うのが現状だろう。ただ本当に政治が原因なのだろうか。 ....  [続きを読む]
● 今月行われる皇室典範改正を考える集会情報他
新・へっぽこ時事放談 2006/02/02(木) 17:39
皇室問題を考える考える市民講演会日時 2月5日(日)午後1時半開演場所 埼玉県狭山市民会館小ホール   (西武新宿線 狭山市駅下車 徒歩7分)   地図等は、狭山  [続きを読む]
● 小泉首相はカイカク・パラノイア
新・へっぽこ時事放談 2006/02/02(木) 01:00
小泉首相、女系天皇反対に反論 小泉純一郎首相は27日夕、女系天皇を容認する皇室典範改正案への反対論について「女系天皇を認めないということは、仮に愛子さまが天皇になられ  [続きを読む]
Copyright © 釣りキチおやじの言いたい放題. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。