釣りキチおやじの言いたい放題
心の伝統文化をも捨て去ろうとしているこの日本、 荒波にもまれて何処へ行くのか! ただ指を咥えて傍観しているわけにもゆくまいて。 はてさて、どうしたものであろうかのう?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2005/12/15(木)   CATEGORY: 教育-子育て
吉田松陰いでよ!
歴史や政治は社会という冠詞がつきますが『科学』です。
『科学』とは再現可能な検証を必要とします。さらに反論も当然許されます。そこに何らかの欠陥があれば、修正されていきます。絶対的前提条件があるとすれば言葉の定義のみでしょう。
『科学』の反対に位置するのが『宗教』です。
『宗教』においては総てが絶対的前提条件即ち『真』であり、当然検証を許さず、反論も許されません。

ところが、世間をはじめさまざまなブログをも拝見していて、
この「『科学』と『宗教』をミックスした論理展開」が散見されます。
自分に都合のいい事象を前提に(これは「『真』である」と信じるところから始まる)、そこから議論を始めようと目論み、範囲を限定してその枠内でのみ反論を許可する。そして、その反論も都合の悪いことは一方的に切り捨てる。当然都合の悪い検証など認めない。
これでは議論が噛み合うはずはありません。殊に進歩的文化人を自認する似非民主主義者に多いようです。憲法擁護主義者などはその典型と言えましょう。日本国憲法は絶対善であるという前提条件からの出発しかないのです。少しでも何か言えば「平和憲法に楯突くのか!」と、すごい剣幕で攻撃されます。
これが『科学』である筈はありません。もはや『日本国憲法教』という『宗教』の世界です。国立大学の法学教授のなかにも存在します。(となれば、これら教授に報酬を払うのは憲法違反ということになりませんか?)
小生の知人が面白いことを言っています。「無精卵はどんなに温めても孵らない」と。「外見は同じ人間でもどんなに説明しても理解できない人がいる、説明するだけ労力の無駄だ」というのです。
言い得て妙だと思われませんか?

かかる現状を襲来せしめた責任は、『戦前の総てを悪として否定し去った』ところから出発し、一方的価値観を押し付けて議論どころか考えることさえ許さない偏向教育(こんなことに教育という言葉を使いたくないのだが)を強引に推し進めてきた日教組とその手先教師たち、さらに腫れ物に触るが如くその行為を黙認してきた歴代日本政府と文部官僚にあります。

ところで、このような出鱈目な教育を受けざるを得なかった大多数の日本人は本来左翼のはずなのですが、ブログで拝見する限り『正しいものの見方、考え方、検証の仕方』を身に付けておられる方が少なくありません。
指導者が不在の中、皆さん暗中模索して苦労されながら見識を確立されていったものと思います。
何故なら、斯く言う小生も今では曲がりなりにもまともな見識をもっていると自負していますが、若い頃は左がかり、学生運動もやりましたしデモにも参加、「日本が戦争に負けて本当によかったと思う〔一九七三・五・二〕」と書いた当時のノートも手元に残っています。手当り次第本を読みましたし議論もし、僅かですが外国の方とのやりとりもあり、手探り状態で今に辿りついたようなものです。

平成維新とは時々耳にする言葉ですが、以上述べた観点において『今日は、まさに明治維新前夜と酷似』しています。佐藤一斎が、佐久間象山が、廣瀬淡窓が、吉田松陰が求められているのです。そして、西郷隆盛を、高杉晋作を、坂本龍馬を、木戸孝允を、伊藤博文を、山県有朋を輩出していかなければなりません。
日本の未来は皆さんの双肩に懸かっています。皇国の荒廃この一戦にあり、各員一層奮励努力しましょう。
スポンサーサイト
[ TB*19 | CO*10 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

レモン | URL | 2005/12/29(木) 00:08 [EDIT]
1973年というと、田中角栄首相の時ですよね?
学生運動。。慶大学費闘争、早大闘争、日大闘争、東大闘争、神田カルチェラタン闘争、→70年安保闘争の時代ですかぁぁ いやぁ、自分など生まれてもいない…(笑)

Merge | URL | 2005/12/20(火) 22:02 [EDIT]
>自分に都合のいい事象を前提に(これは「『真』である」と信じるところから始まる)、そこから議論を始めようと目論み、範囲を限定してその枠内でのみ反論を許可する

どきりとした言葉です。結論ありきでは何も見えてこないのだと、自分のブログを読み返してみて思いました。今書いていることも、どうやら結論ありきで書き始めてしまい苦しんでおります。しかしなんとか乗り越えねばと意気込んでおります。

いつもとても勉強になっています。本当はもっと早くコメントしたかったのですが、ここ数日ごたごたしてしまいまして遅れてしまいました。時間がとれましたので、私も本気で考えて記事を書いてゆきたいと思っております。

すばらしい記事でした。ヒントをいただきました。ありがとうございます。
● 乱世なら 我も英雄 南州忌(太郎じゃないよ)
鵺娘 | URL | 2005/12/18(日) 17:22 [EDIT]
私は日本の先住民族の血を引いていますが榎本の蝦夷共和国にはアイヌという構想は
入っていたのでしょうか?
私が明治政府に関して抱いたイメージは他所の会社を吸収合併した場合、吸収された会社側の幹部を役員に据える事で不平分子の動きを少しでも抑える図式。
五稜郭に行った時、伊庭八郎というお酒があったのに感動しました。
● みなさんコメントありがとうございます
いざりうお | URL | 2005/12/17(土) 23:27 [EDIT]
このエントリーは「何も無くなった日本」「改めて考えなければならない」に続くものです。したがってそちらもご覧頂けたらと思います。

spiralさん
小生は井沢元彦氏を存じ上げませんが、井沢氏の見解は当を得ていると思います。
「平和憲法は絶対に正しい」のであれば、数ある先進民主主義国の中で一ヶ国くらいこれを真似る国があってもよさそうですが、その気配すらまったくありません。

ラッキーゲランさん
腑抜けが多いこの日本には、薩摩武士の心意気が大いに必要です。それにしても西郷隆盛、惜しいことをしました。

fetiaさん
「籠に乗る人、担ぐ人、そのまた草鞋を作る人」という言葉があります。しかしながら、現在の日本にはこの誰もがいなくて、「籠に乗る資格がないのに乗りたがる人」ばかりのようです。
貴方のような考えの方が貴重な存在となってくるでしょう。
このエントリーも思想家(吉田松陰)が出て次に行動家(坂本龍馬)、さらにそれを取り巻き共に行動する人々、そしてそれらの人々を支える人々と続かせたいのですが、先ず思想家が出て来ないことにはスタートラインに立てないのです。

鵺娘さん
確かに「いつの時代も要領のいい奴」がいますし「いい思いを」していますが、明治についていえば佐藤一斎・佐久間象山・廣瀬淡窓・吉田松陰・高杉晋作・坂本龍馬は既に亡く、西郷隆盛も間もなく死んで人材が少なくなったこと、殊に坂本龍馬・西郷隆盛のような人々の和を図ろうとする人材にこと欠いたことが斯かる事態を招いたのでしょう。
「吉田松陰のドラマ化」は、テレビやマンガに浸かりすぎて考えることをしなくなった多くの現代人には受け入れがたいでしょう。
● 風間杜夫で一度ドラマ化されています
鵺娘 | URL | 2005/12/17(土) 15:22 [EDIT]
高須久子でしょう?私は古川薫の小説で読みました。
彼女の投獄理由も色々、言われていますが、プラトニックだった事に憧れます。

極論 | URL | 2005/12/17(土) 12:42 [EDIT]
鶴娘さん
松蔭先生に全く女っ気がなかったというのは聞き捨てなりませんね。獄中で武家の未亡人とも交流があったそうですよ。歌会開いたりしてものすごくストイックな関係ですが。
以上「その時歴史が動いた」より。

ドラマにしにくいのはそれ以上に絵になる戦いがたくさんあったからでしょうね。テレビ人としては、かび臭い学問の話で視聴率が上げられるとは決して思わないでしょう。
● 萩にも行きました
鵺娘 | URL | 2005/12/17(土) 07:06 [EDIT]
疑問に思っている事があります。勤皇の志士でも新政府に入れない人がいたのに幕臣の勝や榎本はどうして要職に付けたのでしょう?
いつの時代も要領のいい奴だけがいい思いをする?
吉田松陰がドラマの主人公となり難いのは女優陣の使い道がないからでしょうか?
● トラックバック御礼
fetia | URL | 2005/12/17(土) 00:49 [EDIT]
トラックバックの御礼に参上いたしました。
弊ブログ当該記事との関連性にしばし悩みましたが、言わんとされることは理解いたします。

しかしながら私は、吉田松陰や坂本龍馬や高杉晋作などの華やかな英雄譚に、ひっそりと描かれる
名も無くか弱く簡単に死んでゆくその他大勢の如く、しかし我々その他大勢がいてこそ英雄が英雄
たり得、英雄としてことを成し遂げ得るということをささやかな自負とし、己の信ずるところの主張を、
誰にも聞こえずとも、大勢には響かずとも、掲げていく者でありたいです。
● トラバありがとうございます。
ラッキーゲラン | URL | 2005/12/16(金) 23:48 [EDIT]
全くの同感です。
ちなみに小生は、小学生まで鹿児島、中高を山口、大学を鹿児島
とすごしており人生が薩長同盟な男です。

ちょっと馬鹿なところもありますが、薩摩武士の意気は、現代には
必要かも知れません。

spiral | URL | 2005/12/16(金) 12:16 [EDIT]
こんにちは、spiralです。
私もいざりうおさんの意見に同意です。今の日本は維新前夜と同じか、あるい精神の荒廃ぶりをみるとそれ以上かもしれない大変な危機的状況にあると思います。

>もはや『日本国憲法教』という『宗教』の世界です
これは、作家の井沢元彦氏も指摘されていましたが、日本には「平和憲法教」の信者がたくさんいて、憲法のお題目さえ唱えていれば平和が保たれると信じているんだと。そして、これに異を唱える者があれば、「日本は平和憲法を持つ国であり、その平和憲法は絶対に正しい。それを改悪することは許さない」と叫ぶが、これは空理空論であるとバッサリ斬っていました。
さらに、その宗教的信念は、この憲法がアメリカが与えてくれた理想の贈り物であるあるという信仰にも繋がっていると言われてました。
しかし、冷静に考えてみればこれはおかしなことであるとし、次のように言われています。
「もし、これを与えたアメリカがこの憲法を最良のものと考えているなら、なぜアメリカは自国の憲法を日本と同じものに改正しないのでしょうか。アメリカ憲法は平和憲法どころか、むしろ武断的憲法であり、先進国の中でも防衛ということにきわめて重点をおいた憲法です。しかも個人が武装する権利すら認めているのです。そういう憲法を持つ国が、日本に対してはまったく違うタイプの憲法を与えたのです。これは本当に善意なのでしょうか」

この井沢氏の見解こそ、真っ当なものだと私は思っています。

TRACK BACK
TB*URL
● 後に「奇兵隊」と命名した意味は?~身分や資格に関係なく集まった応援団、みんな平等の考え
日本一変わった脳外科医~「高麗人参果実搾り・スクイーズ2200」誕生秘話 2006/01/24(火) 11:42
後に奇兵隊の立ち上げメンバーとなる人達が集まった最初の会合は、2000年の夏頃だったと記憶しています。みんな天真爛漫で、こどものような笑顔。ここにいるだけで、幸せな気分になれる雰囲気。口は悪くても、いやみが無く、面白い。   こんな明るい人達なら、何かや  [続きを読む]
● 「竹島の日条例」制定が気に入らない毎日新聞
ぱっとんな日々 2005/12/21(水) 03:26
社説:視点・竹島の日 日韓友情年が中韓連帯年に(毎日新聞) 今年は日韓国交正常化40周年を記念する「日韓友情年」だった。ポスターが外務省の構内に張ってある。それを見た某国の大使館員に言われた。「日韓外交の失敗を宣伝してるみたいだね」 今年の初めはまだ昨年  [続きを読む]
● 謙虚さとプラス思考
自分探しの心の旅 2005/12/20(火) 12:14
 本当のプラス思考は、謙虚さを伴っています。 吉田松陰は獄中においても、自分の知らないことを知っている囚人達を尊敬 し、それぞれの分野の師として、教えを乞うたそうです。 松蔭の興した松下村塾無くして、無血革命とも言われる明治維新も、無かっ たと言われて..  [続きを読む]
● 戦争の大儀
クラフトマンシップ 2005/12/19(月) 12:50
米大統領、大量破壊兵器「情報誤り」 イラク戦は正当化 (朝日新聞) - goo ニュース男女の違い③を書く予定でしたが、突然こんなニュースが。驚いたね。あのアメリカが自分の非を認めるとは・・・・。もともとこの戦争自体、何の大儀もないと思っていた。9.11テロが起こった  [続きを読む]
● [韓国] 漫画家金聖母さん `嫌日流` 出刊計画
マスコミが伝えない 韓国 2005/12/19(月) 02:52
漫画家金聖母さん `嫌日流` 出刊計画 歴史資料通じてやんわりと発行しようと'限りであるワールドカップ' '独島'便まで進行出刊の前インターネットで一部公開 '嫌日流出る.' の漫画家金聖母さん(36)が来年 2~3月頃日本の を批判した本 を発行する計画なのですごい関心を集め  [続きを読む]
● 歳の瀬を迎えて・・・
田舎の神主の学び舎 2005/12/18(日) 23:22
最近、体を壊したり、もの凄く仕事が忙しかったりと気分が落ちることがよくありました  [続きを読む]
● ■やっちゃえ。
 ◆ ケシクズ ◆ 2005/12/18(日) 22:21
 ・日中ガス田協議、年内開催は見送りへ・中国側が拒否 来年になっても協議なんて開かれませんから、さっさと日本の民間で掘って下さい。元経産省中川ちゃん時代に既に、やれやれとの思し召しも得ているのだし、さっさとやってくれ。  日本側が実行に移したら、黙って...  [続きを読む]
● 民主党大会
ねこまんま 2005/12/18(日) 21:40
「公の精神」追求を強調 党大会で民主前原代表 前原氏は、マンションの耐震構造偽装問題に触れて「『官』の責任放棄、『民』の倫理観低下」を指摘。官民が守るべき「公の精神」を追求して「日本固有の良さ、強さ、特徴を引き出すこと」が民主党の目標だとし、「短絡的な競  [続きを読む]
● 「負け組犯罪」はなぜ起こる!?(後編)
日々是勉強 ~ 教育としての塾 仕事としての塾 2005/12/18(日) 13:33
  ●前回の記事で私は、「負け組犯罪」という、我欲の充足による自己実現が出来ない者(特に男性)による犯罪が増えてきていることや、そういった犯罪に現在の刑事司法が対処できていないこと、厳罰化(死刑連発)をしても「負け組犯罪」はなくならないことなどを述べまし  [続きを読む]
● こちらにも貼らして頂きました。
TB失礼いたします。 2005/12/18(日) 07:53
読ませてもらいました♪不都合でしたら消してくださいね♪  [続きを読む]
● 「誤報」広告掲載を拒否 朝日新聞、週刊新潮に抗議
日本を考える 2005/12/17(土) 18:46
 十五日発売の週刊新潮に「朝日『1面スクープ』は誤報だらけ! 『愛子さま』『義務教育費』『普天間』みーんな間違いでした」と題する記事が掲載され、朝日新聞は同日付朝刊で週刊新潮に謝罪と訂正を求め、広告を掲載しなかったことを報じる記事を掲載した。 週刊新潮..  [続きを読む]
● 気付いたら逃亡
ミゲルの蒼い書物 2005/12/17(土) 16:30
WE LOVE PEACE !=投票用=なおの奴、いきなり逃げるし・・・コメントの返答の記事残してないなぁ・・・まぁそのうち何事もなかったように復活するかwなおとkarenは別人なのか?  [続きを読む]
● 後は施策を考え抜く事か。
親父の威厳BLOG.ver 2005/12/17(土) 15:40
対支那・南朝鮮への対応はまともな方向へ向っている。  [続きを読む]
● 民主党大会始まる
新聞記事・ニュース批評@ブログ 2005/12/17(土) 13:51
 今日から民主党大会が始まります。民主党はどのような主張をするのでしょうか。  [続きを読む]
● 「立ち上がれ!日本」ネットワークで手をつなごう!
日本の心を育むネットワーク 2005/12/16(金) 21:26
「立ち上がれ!日本」ネットワーク が出発した  ◎◎●草の根保守再生を!●◎◎ 皇位継承問題を初め、多くの伝統文化の継承に関わる問題を抱え、今日本国家が溶解を始めている。その流れを止めるため「立ち上がれ!日本」ネットワーク に結集しよう。そして、草の根保  [続きを読む]
● 維新の志士の如き烈しい精神で
Merge Voices 2005/12/16(金) 17:29
お知らせ: 「一を聞いて十を知る」part2、鋭意作成中!! じつは、とんでもないお題を選んでしまって後悔してます・・・ と、いうことで、今回は、つなぎです・・・ 山路を登りながら、こう考へた。 智に働けば角が立つ。 情に棹させば流される。 意地を通せば窮屈  [続きを読む]
● 内にある敵
あさひ素材 社長ブログ 2005/12/16(金) 13:57
THE BOSS  [続きを読む]
● 民主党 前原代表 前途多難
王様の耳はロバの耳 2005/12/16(金) 13:21
前原代表に強い風当たり 鳩山、菅両氏が相次ぎ苦言 (朝日新聞) - goo ニュース爺が北京をうろうろしている頃民主党前原氏も要人に会えず北京をうろうろしていたのかしら 前原氏も良く分からない人だ 米国に行き1000海里以遠のシーレーン防衛を言い出し必要なら憲法改  [続きを読む]
● 有識者会議は「私的」諮問機関ではなく「公的」な機関だった!
新・へっぽこ時事放談 2005/12/16(金) 12:18
昨日(12・13)、日本文化チャンネル桜(スカパー!)で放送されたニュース番組に出演された水間政憲氏(ジャーナリスト)のお話で、「皇室典範に関する有識者会議」に関する新た  [続きを読む]
Copyright © 釣りキチおやじの言いたい放題. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。