釣りキチおやじの言いたい放題
心の伝統文化をも捨て去ろうとしているこの日本、 荒波にもまれて何処へ行くのか! ただ指を咥えて傍観しているわけにもゆくまいて。 はてさて、どうしたものであろうかのう?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2005/12/06(火)   CATEGORY: 世界の心
男は男らしく、女は女らしく
「男は男らしく、女は女らしく」
こう言うと、「差別だ!」と非難されるのであろうが、先の読売新聞全国世論調査(2005年12月5日 読売新聞http://chubu.yomiuri.co.jp/kyoiku/kyo051205_1.htm)からみると男親に対して「男らしさ」が求められているのではなかろか。そこでコメントを抜きにして、「マザー・テレサの第4回国連世界女性会議(北京会議)に対してのメッセージ」を参考までに以下に掲載する。


マザー・テレサのメッセージ
第4回国連世界女性会議(北京会議)に対して

親愛なる皆様へ
 第4回世界女性会議で北京にお集まりの全ての方々に神の祝福のあらんことをお祈り申し上げます。私は、この会議によって、あらゆる人々が、神の計画において女性だけに与えられた役割を知り、それを大切なものと受けとめ、さらに尊厳を与えること、それによって、ひいては女性達が一生のうちにこの神の計画を実現できることを希望します。

 私には、なぜ男性と女性は全く同じだと主張し、男女の素晴らしい違いを否定しようとする人々があるのか理解できません。神より授けられたものは全て善きものでありながら、全てが同じものであるとは限りません。私はよく、私のように貧しき人々のために尽くしたいとおっしゃる方に対して、「私にできてあなたにはできないこともあり、あなたにできて私にはできないこともあります。しかし、ともに力を合わせれば、神にとって何か素晴らしいことができるのです。」と申し上げます。男性と女性の違いとは、これと同じようなものなのです。

 神は、私達ひとりひとりをお造りになりました。そして、更にありがたいことに、全ての人々を、愛し、愛される存在にして下さっているのです。では、神はなぜあるものを男性に、またあるものを女性にお造りなったのでしょうか。それは、神の愛のひとつの形が女性の愛で表わされ、別の形が男性の愛で表わされるからです。どちらも愛するために造られていながら、それぞれの愛し方が違うように、男性と女性は互いを補い合って完成されるものであり、神の愛を体現するには、どちらか一方よりも両方そろった方が、より神の愛に近づくことができるのです。

 女性特有の愛の力は、母親になったときに最も顕著に現れます。母性は神から女性への贈り物。私達は、男女を問わず世界中にこれほどの喜びをもたらしている素晴らしいこの神の贈り物に、どれだけ感謝しなければならないことでしょうか。しかし、私達が、愛することや他者のために尽くすことよりも仕事や社会的地位の方を大切だと考えたり、妊娠中絶をしたりすれば、この母性という神の贈り物を破壊することにもなりかねません。仕事も、夢も、財産も、自由も、愛に代えることはできません。母性を破壊するものは全て、神から女性へのの最も大切な贈り物―女性として誰かを愛する力―を破壊するものなのです。

 神は私達に「汝を愛するがごとく隣人を愛せよ」とおっしゃいました。だから、私はまず正しく自分を愛し、それからそれと同じように隣人を愛します。しかし、神が自分をお造りになったことを受け入れないとすれば、どうして自分を愛することなどできるでしょうか。男女の素晴らしい違いを否定する人々は、自分たちが神によって造られた存在であることを認めようとしませんし、それゆえに隣人を愛することもできません。彼らがもたらすものは、対立と不幸と世界平和の破壊でしかありません。例えば、私がこれまで再三申し上げてきたように、妊娠中絶は現在の世界平和にとって最大の破壊者であり、男女の違いをなくそうとしているのは皆、妊娠中絶に賛成する人々なのです。

 死と悲しみの代わりに、世界に平和と喜びをもたらしましょう。そのためには、神に平和という贈り物を願い、互いに神の子の兄弟として愛し合い、受容し合わなければなりません。子供達が愛することと祈ることを学ぶのに最もふさわしい場は家庭です。家庭で母父の姿から学ぶのです。家庭が崩壊したり、家庭内に不和が生じたりしていれば、多くの子供は愛と祈りを知らずに育ちます。家庭崩壊が進んだ国はいずれ多くの問題を抱えることになるでしょう。私は、とりわけ裕福な国々で、愛情不足と疎外感から逃れるために薬物に向かう子供達を幾度となく目にして参りました。

 しかし、家族の絆が強く、家庭が円満であれば、子供達は父母の愛の中にかけがえのない神の愛を見ることができ、自分の国を愛と祈りに満ちた場にしていくことができるのです。子供は神から家族への最高の贈り物ですが、子供にとっては父と母の両方が必要です。なぜなら、父親は父親らしいやり方、母親は母親らしいやり方で神の愛を体現して見せるからなのです。ともに祈る家族が離れていくことはありません。そして、家族がひとつであり続ければ、神がそのひとりひとりを愛してこられたように、互いを愛し合っていけるでしょう。愛のあるところには常に安らぎが生まれます。

 心に愛の喜びを抱き続けましょう、そして、出会った全ての人々とその喜びを分かち合いましょう。北京会議の全ての出席者と、この会議によって救われようとしている全ての女性が、ともに愛と安らぎの中で暮し、それぞれの家族とこの世界を神にとって美しいものにするために、おひとりおひとりがマリアのように慎ましく、清らかであることをお祈り申し上げます。
 
 ともに祈りましょう。
 全てを神の栄光と御心に捧げて。
 神の祝福あらんことを。 マザー・テレサ
(http://homepage1.nifty.com/1010/mather.htm)
スポンサーサイト
[ TB*12 | CO*7 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 感動しました
ハハサウルス | URL | 2005/12/27(火) 23:17 [EDIT]
こんばんは、TB、コメント有難うございました。こちらからもTBさせて頂きました。

メッセージ、感動いたしました。本当にこれに尽きると思います。
なぜこの世に男女の性が存在するのか、もう一度考え直して欲しい人が多過ぎます。長い歴史の中作り上げてきた役割分担、お互いに足りないところを補いあっていく、その妙を味わうことで人生は深いものになるような気がします。

百式さんのブログでの「父性」に関するコメントも大変説得力がありました。母性も父性も本当は、「復活」させなければならないこと自体悲しいことですね。
● 管理人のみ閲覧できるコメントを下さった方へ
いざりうお | URL | 2005/12/17(土) 21:10 [EDIT]
貴方のような経験をされた人が多いだろうことは容易に想像出来ます。「改めて考えなければならない」のエントリーを是非ご覧になってください。人格の欠如した教師が如何に多いかを小生もまた小生の子供たちも体験してきましたし、現在も進行中で子供も小生も格闘しています。
オリンピックで男女の区別をなくせば女性のメダリストはいなくなるでしょう。どんなに美男子がニコニコしても女性の笑顔にはかないません。根本的に体のつくりが違うのです。また精神的にも大きな違いがあると言われています。
これらをはじめとする違いを充分「認識」し、かつ「尊重」すれば差別は起こり得ません。この違いの「認識」か「尊重」の一方でも欠ければ差別に繋がります。
男女を、老若あるいは障害を持つ人とそうでない人に置き換えて考えれば良く判ります。老人や障害を持つ人を区別せずに肉体労働をさせるなどは、誰が考えてもむちゃくちゃなのは明らかでしょう。きちんと区別していたわってあげるべきですよね。これと同じことです。
「認識」と「尊重」の両方を兼ね備えることもまた人格教育の不可欠な要素です。
● madokaさん
いざりうお | URL | 2005/12/12(月) 19:21 [EDIT]
コメントありがとうございます。
今の日本は狂っています。自分の考えに賛成しない人は悪かバカとして切り捨て、一人悦に入っている人たちが多く見受けられます。これは権利は主張しても義務は果たさないという教育を施してきた結果です。つべこべ言う人に限って責任は取りません。
「自分の言うことを他人に聞いて貰いたいと思うならば、他人の言うことを聞きなさい!他人の言うことを聞かないのならば、自分の言うことを聞いて欲しいと思うな!」「二人のときは自分の意見は二分の一、一〇人のときは自分の意見は一〇分の一、一〇〇人のときは自分の意見は一〇〇分の一だけしか通らないことを肝に銘じて置きなさい。」私は子供に常に言い聞かせてきました。
他人を尊重する術を知らない者が、自分を一人前として扱うことを他人に要求することは間違いです。これは、民主主義の基本です。
そこで、
人にはそれぞれ人生があります。他人に害悪を与えない生き方に対して他人がとやかく言う筋合いは一切ありません。主婦は失業者だと言うひとは、ここで大いなる間違いを仕出かしているということができます。それこそ要らぬ世話ですよね。
そのような言に心を動かされる必要はありません。泰然自若としていればいいと思います。
「自ら省みて直くんば、敵は一千万人といえども我ゆかん」という言葉もあります。

madoka | URL | 2005/12/12(月) 08:01 [EDIT]
私は自分らしく、仕事を持っていきたいと思い、仕事を持ちました。
たくさんのよい経験が出来ました。
しかし今は家の中にいます。そうすると主婦は失業者だとか言われたりします。
まぁそれはそうですが、いろいろ能力とか年齢とかあって、仕事が見つからないことがありますね。私は見つけていませんが、、、。
いろいろ個人差があるので、主婦は失業者と簡単にいう人をどうかと思うことがあります。
人間は生き抜くことだけで尊いと思っています。
最後まで何かをさがして、とことこと、歩き続けたいと思っています。

いざりうお | URL | 2005/12/09(金) 23:49 [EDIT]
らぷぽさんへ
コメントありがとうございます。
「匹夫もその志を奪うべからず」と言います。誰もが「自分は間違っていない。正しいのだ!」と思っているはずです。ただし、一人一人価値観やものの見方が違うので、それを認めたうえで論争しないと単なる自己満足か喧嘩或いは宗教論争になってしまいます。
意見を同じにする人が大同団結することも必要ですが、意見が違う者が論争し会い間違いを正し共通点を見い出し創り上げていくことも同じ程度重要です。
その意味で「WE LOVE PEACE」さんが潰れたことを残念に思います。私たちと考えが違う人との接点が一つ失われた損失は小さくはありません。「真の敵を見失うことなく、正直で純粋な歩兵はこれを味方に引き込む」ことは昔からの戦いの基本です。
● 日々気付きでしょうか
らぷぽ | URL | 2005/12/09(金) 21:25 [EDIT]
「らぷぽ」にコメント感謝致します。うーん、最近は男性も女性も考え方や生き方が多様化してきていて、一概にこうあるべき、という考えはありません。それはその人から出る人間性であったり、生きる姿勢であったり、滲み出る品格であったり。やはり親や大人自身がどういう自分を見せることができるか・・なのでしょうか?
 そうやって考えますとやっぱり日々成長でしょうか?なんて・・(笑)勉強させて頂いております。これからも宜しくお願い致します。
● すばらしいメッセージですね
milesta | URL | 2005/12/07(水) 07:45 [EDIT]
電脳教科書補完録ニュースにTBをありがとうございました。

すばらしい説得力のあるメッセージですね。何というか「自然」だし「人間愛」を感じます。頭で論理をこね上げ、闘争意欲むき出しのジェンダーフリー論とは雲泥の差です。

女性らしさや母性を否定し、女性の役割を尊重しないことの方が、女性差別ですよね。


TRACK BACK
TB*URL
● 社会のせいにすなっ!
ちびサウルスの住むところ 2005/12/27(火) 22:53
 おはようございます。年賀状も無事書き終わり、「年賀状早出しキャンペーン」にも間に合い(主婦は「抽選で当たる!」に弱いのよ)、お日様も顔を出してすがすがしい朝、「夕方にはクリスマスケーキ(予約済)取りに行かなくっちゃ♪」と気分良くテレビのスイッチを入れま  [続きを読む]
● 差別と区別
Deep Breathe 2005/12/26(月) 11:58
ジェンダー問題、「差別と区別」・男らしさ、女らしさの概念を否定・看護婦、保母、スチュワーデスなどは差別用語・学校の名簿は男女混同が望ましい・男は「黒」、「青」、女は「赤」、「ピンク」というのは差別男女の壁を取り払ってしまった時にに表面化すること。それによ  [続きを読む]
● 山谷えり子さんを応援するメルマガ
新・へっぽこ時事放談 2005/12/22(木) 00:28
昨日の拙ブログの記事の最後で紹介した、ジェンダーフリーを阻止すべくご尽力されている、山谷えり子さんを取り上げているメルマガを見つけたので紹介します。(このメルマガは平成1  [続きを読む]
● ふざけるのも大概にしろ。
親父の威厳BLOG.ver 2005/12/17(土) 15:41
ジェンダーって言葉はイラねえんだっっ!!!  [続きを読む]
● 「ジェンダー」の文字
ねこまんま 2005/12/17(土) 06:41
ジェンダーへの誤解解消、恣意的運用排除…共同参画案安倍氏、調整に奔走 ジェンダー表記で火種残す 記事によると、安倍さんも苦しかったようですね。決着した内容は、いわゆる「玉虫色」のようです。綱引きはこれから…というところでしょうか?「性」の問題については、  [続きを読む]
● 「女子差別撤廃条約」を撤廃せよ!
新・へっぽこ時事放談 2005/12/11(日) 19:29
◆内閣府男女共同参画局がこのような意見募集をしております。是非良識派の声を届けて下さればと思います。◆「女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約(女子差別撤廃  [続きを読む]
● 男女平等バカ!
新・へっぽこ時事放談 2005/12/10(土) 11:40
◆今回は良書の紹介をします既に多くのブログでも紹介されている本なのですが、一人でも多くの方に読んで貰いたいので、拙ブログでも紹介します。男女平等バカ―年間10兆円の血税を  [続きを読む]
● [韓国] まだまだつづく「独島(竹島)は韓国の地!」キャンペーン
マスコミが伝えない 韓国 2005/12/08(木) 17:43
77年以来描いた独島の絵500点、李鍾祥ソウル大教授  「1977年、独島(トクト)を初めて訪ねた日に胸が一杯になった想い出を、今回作業しながら、始終思い浮かべていました。独島は韓国でもっとも先に日が昇る場所でもあるが、画家である私にとって、なによりも造形的に10  [続きを読む]
● 負けるな一茶!
Merge Voices 2005/12/07(水) 16:22
風邪をひいてしまいました。 病み上がりです。 そんな感じなので、きょうは、まだ、ぼぅっとしてますが、 うれしいことがありました。 一句、詠ませてください。 冬の空 あおぎておいしい 初雪 ・・・お粗末様でした。 友人が高校生の頃、教育実習で来校してい  [続きを読む]
● 電凸結果(【国】+【自治体】)×【耐震不足マンション】=【総研関与企業・慌てる乞食への不当利益供与】
百年祭りの観察 2005/12/07(水) 05:03
まったくもって腹立たしい。政府がついに構造計算偽造マンションに関する住民への支援対策を決定してしまった。血税が、あまりにもお粗末に使われようとしている。早速、国土交通省住宅局市街地建築課(03-5253-8515)へ電凸を実施した。この事件に関する対応は、前...  [続きを読む]
● 「修身」・・・戦後廃止された道徳教育
新・へっぽこ時事放談 2005/12/07(水) 02:16
風邪でダウンしてしてしまい、新しい記事をアップ出来ずにおりました。皆様も時節柄、風邪をひかれないようお気をつけ下さい。さて、今回は私が以前地元新聞の読者蘭に投稿して、  [続きを読む]
● 『男女平等バカ』
なめ猫♪ 2005/12/06(火) 22:01
先日の学生による拉致被害者救出フォーラムのこともアップしたいのですが、いま地元福岡県、太宰府市で苦情処理・人権救済機関を含む男女共同参画条例が議会に提案されたため、そちら  [続きを読む]
Copyright © 釣りキチおやじの言いたい放題. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。