釣りキチおやじの言いたい放題
心の伝統文化をも捨て去ろうとしているこの日本、 荒波にもまれて何処へ行くのか! ただ指を咥えて傍観しているわけにもゆくまいて。 はてさて、どうしたものであろうかのう?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
戦争は他の手段をもってする政治の延長
 過去イギリスはアヘン戦争をはじめ世界中至る所で幾多の戦争を行い植民地政策をとってきたことは周知の事実です。宗教の名においても又、世界各地で十字軍遠征などの戦争行為が行われてきました。
 このような世界の歴史の流れにおいて植民地政策はその当時の必然でありました。支配する側、支配される側の二者択一を迫られ、各国は必死になってそれぞれ自国のために戦ったのです。
 弱肉強食が当り前の当時の世界情勢は、個人の責任において戦争を抑止できるほど生易しいものではありません。
 現在社会においても、泥棒がいて強盗事件があり、暴力団・マフィアも世界各地に存在します。当然世界の国々もそれらの人々をも含めた団体に過ぎず、紳士とは限りません。今でもなお、襲われる可能性を否定できないのです。
 「完全図解 兵法のすべてがわかる!」(是本信義著 三笠書房刊)には、「クラウゼヴィッツは、『戦争論』において、『戦争は他の手段をもってする政治の延長』と位置づけ、世界各国においてももっとも重要な国策としている。」とあります。
 強盗にあった時、お金も生命も喜んで差し出すバカはいないでしょう。そのために皆さん、家に車に鍵を掛け、何かあったら110番するでしょう? 国も同じこと、鍵(政策)と警察(軍隊)がやはり必要です。
 ところで、今でも植民地が存在するイギリスは、イギリス王室は、その植民地政策の責任を取ったのでしょうか?又、取れとの意見があるのでしょうか?
 十字軍の代表とされるローマ法王は、責任を取ってきましたか?
 戦前日本の為政者の戦争責任を問題視する人たちは、イギリス王室やローマ法王に対して同じように声高に責任論を展開できるのでしょうか!その意志はあるのでしょうか!
 戦争に負けた日本を戦勝国等の国民が攻撃するのは一種仕方のない事かも知れません。しかしながら、その外国からの攻撃に乗じて日本人が日本を攻撃することは、家に押し入ってきた強盗と一緒になって親殺しを図ろうとする極悪不良息子と同じです。ましてや、外国からの攻撃を手引きし、煽り立てるなどは言語道断と言わざるを得ません。
 長い暗中模索の歴史積み重ねの結果である現在、しかも世界でも希少な存在である平和な日本での価値観で当時のことを云々することは、昔飢饉で人々が苦しみ死んでいった話を聞いて、当時の通信手段・輸送手段の未発達さが理解できない小学校の一・二年生が「何故みんなで食べ物を送ってあげなかったの!」と言うのと同じくらいピントがずれています。
スポンサーサイト
[ TB*5 | CO*15 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 記事を借りてきました
いざりうお | URL | 2005/11/30(水) 23:59 [EDIT]
 米政府系放送局「ラジオ自由アジア」は30日までに、中国公安当局がチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世を非難することを拒否したチベット仏教の高僧ら5人を逮捕した、と伝えた。(中略)
 また、ラサ郊外の別の主要寺院であるセラ寺でもことし7月、僧侶の一人がダライ・ラマやチベット独立を支持する文書を持っていたとして拘束されたという。(共同)
http://www.sankei.co.jp/news/051130/kok027.htm
上記を受けて、ブログ「んなアホな!」http://nnaahona.exblog.jp/2737823/ に次のような記事が掲載されている。(失礼ながら抜粋)
いやいやいや・・・もし日本が中国に支配されていたとしたら、と想像するだけでも怖いっすねぇ。
将来、仮に日本が軍事的衝突を避け「一見平和的に」中国の勢力下に置かれたとしても、支配された側の自由とか人権なんか何の保障も無く簡単に踏みにじられてしまいますよ。
だって、現実にチベットがこういう状態なんですもん。
いくらね、戦争反対だとか軍事力を放棄すれば平和が訪れるとか言われても、今そこにある危機なんですよ、中国の存在は。
● toroiさんへ
いざりうお | URL | 2005/11/30(水) 16:44 [EDIT]
率直なコメントありがとうございます。
小生はこの世の中を何とかしたい、最終的には当然のことながら平和にしたいとの思いからこのブログを立ち上げたのですが、この思いは誰も同じでしょう。
ただし、生まれた年、地域、親や先祖、教わった教師、接してきた人々などが一人一人全部違います。同じ人など絶対にいません。
したがって、そこから生まれた価値観がそれぞれ違ってくるのも当たり前。さらに信じる宗教の相違もその違いを助長します。
思いは同じでも、考え方、方法論、その他至る所でそれぞれ違うのです。
この違いがあることを認め、考えの同じ部分があればそこで仲間を作り、違えばわかってもらえるように努力し、あるいは自分の考えを修正する。これを何度も何度も繰り返す。
あなたは「信じる事が平和につながる」と書かれました。
ニュアンスは多少違いますが、小生も信じてこのブログを書いているつもりです。
ですから、「手の施しようが無い思想の持ち主」などと他人を切り捨てるようなことをしないでほしい。
諍いは、戦争は、まさにそこから始まるのです。
必ずわかりあえると信じて、大いに論争しましょう。

toroi | URL | 2005/11/30(水) 15:03 [EDIT]
なるほど読解力が無い部分において非礼をまずお詫びいたします。

その上でも私は、戦争が許されるというものは納得が出来ません。

許された戦争を止めるのは、誰なんでしょうか?
どちらに正義があるのかを決めるのは誰なんでしょうか?

ダメージを受けるのはいつも民衆ですよね?
戦う事は、いけない事だとは思いません。
人が2人以上になれば必ず諍いが起きる

国内で起きる独裁や非道は文化レベルや生活水準、
宗教的なものが原因ではないかと私は考えます。
宗教的なものはさておき、文化レベルや生活水準の向上は
世界中の協力で高められるものだと思ってます。

厳しい生活は、心を退廃させ暴走を生み出しますが
楽しい生活は心を満たし、満たされたところに諍いは起きない
と思うのです。

私は甘いのかもしれないけれど、それを信じる事が平和につながる
と思うのです。
● 最終的解決策は?
ko-bar-ber | URL | 2005/11/29(火) 20:56 [EDIT]
他人様のブログで討論させていただくのも気が引けるのですが、やはり戦争は必要悪だと思います。
私は民衆が圧政から解放されたことは、イラク戦争の成果だと思います。
88年には北部クルド人がイランに協力していると激怒し、ハラブジャ付近にマスタードガスなどの化学兵器を投下させ、クルド人住民を大量虐殺しています。
91年の湾岸戦争敗戦時には、全国的な反政府暴動を武力で鎮圧し、その後も、報復や粛清、弾圧を繰り返しました。このときの犠牲者は、湾岸戦争の死者より多いと言われています。
相次ぐ民衆蜂起や軍の反乱、クーデターの首謀者、政敵を拷問、処刑し、23年にわたるフセイン体制維持のために多くの犠牲が払われました。
フセインを取り除くために、他の方法があったのなら教えてください。
夢や希望のような奇麗事だけを述べている間も、罪なき人々が弾圧され、粛清され続けているのが今の世界情勢です。
だれもが平和に暮らす権利があります。だからこそ、自由と権利を守るために人々は戦ってきたのではないですか?
「してもいい戦争」は存在しないと思いますが、戦争は最終手段として許されるべきものだと思います。
● toroiさんへもう一つ
いざりうお | URL | 2005/11/29(火) 12:17 [EDIT]
問答無用で、「URLを表示されていないのを卑怯」とは書いていません。
最低限度の礼儀は必要であろうということです。
「ご自分を曝け出してはできない非礼なことを、隠れてする」ことを世間一般では卑怯というのです。
「またインターネットというのはそういうものです。だからココまでの発展があるのです。」とのこと。その通りです。だから、発展はしましたがインターネット上の、またインターネットを利用した犯罪も増えているのです。あなたは「それらも野放しにしろ!」と主張されるのですか?
当該コメントは小生にとって不快です。小生の思いを小生のブログ上で展開することはいけませんか?ウイルスも同じことですが、ウイルス駆除ソフトもつけるなというのですか?
このウイルス駆除ソフトもまた必要悪なのですが。
● toroiさんへ
いざりうお | URL | 2005/11/29(火) 11:34 [EDIT]
「平和主義だから甘い」とは、誰が何処に書いているのでしょうか?
現実に泥棒がいて強盗もいる、もしかした自分の家も狙われるかもしれない。だから、鍵を掛け、いざと言うときは警察を呼ぶ。そうではありませんか?
離島や田舎で泥棒や強盗が一切いないというところを知っています。そこではどの家も鍵など掛けません。戸など開けたままです。雨が降れば近所の人や通りかかった人が洗濯物を取り入れてくれるそうです。「かぎ?そんなもの掛けたことないよ。」との返事が帰ってきます。
だからといって街中に住んでいる人たちにも同じように鍵を掛けるな、とはならないでしょう。
理想は泥棒や強盗などが一切いない世の中ですし、当然努力を怠ってはなりません。
しかしながら、いま現在「直ちに鍵と警察をなくせ」という議論にはなりません。
鍵も警察も、他人を疑い世の中を疑うことから派生する必要悪です。
誰も鍵や警察の存在を喜ぶ人はいません。そのことを認めた上で平和を追求すべきだということなのです。

もう一つ例を挙げましょう。
医者も薬も必要悪です。なぜなら、外科医などはメスという刃物で体を切りますし、薬には副作用があります。
その医者も薬も、病気や怪我がなくなれば当然必要ありません。でも、医者や薬の不要論は聞いたことがない。時々「病気がなくなれば困る」という医者もいるようですが、これは例外。
世の中こぞって個人もそれぞれの国も真剣に病気をなくそうと努力しています。この努力をしている人たちは医者や薬の不要論者ではありません。
その努力の甲斐あって、ペストやトラコーマなどは世界中から駆逐され、その治療薬は当然いらなくなりました。これが理想の姿。しかしながらまだ病気は沢山残っています。
病気をなくす努力は永遠に続けられていくでしょう。必要悪である医者と薬の発達と平行して。

「平和主義者は甘い」とは思いません。同じく「戦争を必要悪と考える人は平和主義者ではない」というのも間違いです。
世の中、すべての人たちが平和主義者だと小生は信じています。ただし、自分のことしか考えない人がいて、家族のことは考える人がいて、国のことを考える人がいて、世界に思いを致す人がいます。そして、その上で方法論もまた様々あるのです。
通称「自爆テロ」を行う人たちも、周りのことはともかく家族や信者仲間、それに信ずる神の平和を求めて命を捨てているのです。周りの人を巻き込むことは許せませんが、そのことと平和を望まない人であるかどうかは別のことです。
このことを理解しなければ、真の平和はますます遠くなっていくでしょう。

toroi | URL | 2005/11/29(火) 08:49 [EDIT]
戦争が必要悪と考えられえることが出来る人がいることに
驚きを隠せません。戦争経験者でこのような発言をしておら
れるのであれば、居気に満ちているとしかいえませんし、又
戦争を知らないでこのようなことを書いているのであれば、
手の施しようが無い思想の持ち主なのですね。

平和主義だから甘いなどといえるのは、平和を作り出す事の
大変さを知らないからなのでしょう。極右・極左といった過激派
集団の発言となんら変わら無いと思います。

また、URLを表示されていないのを卑怯だのとおっしゃってますが
ご自信がHNで有る以上、説得力のかけらも無いと思います。

またインターネットというのはそういうものです。
だからココまでの発展があるのです。
● CRAZEさんへ
いざりうお | URL | 2005/11/29(火) 01:08 [EDIT]
ご指摘の意味が判りかねます。別にいきがってはいませんし、思うことの百分の一ほどを書いているまでです。平等と言われる現在、言論にも行動にもえこひいきは許されないと書いたまでですが、真実を書いたのを「挑発的」とは、余程良心が咎めることがありそうですね。また、この記事には「小生」の文字を用いてませんが、具体的にどの記事が御気に召さないのでしょう?
ご自分の所在を一切隠しての斯様なる無礼なコメントは即削除してもいいのですが、一応返事を差し上げます。
● ko-bar-berさんへ
いざりうお | URL | 2005/11/29(火) 00:48 [EDIT]
おっしゃるとおりです。
その上で、「誠意を見せれば相手も分かってくれるなんて甘い考えを持っている」人に限って、自分の目の前の人にはわかってもらえず喧嘩を吹っかける傾向にあるようです。
隣の芝生は良くみえて、それを信じ込んでしまっているのでしょうね。こうなれば、もはや宗教の世界にすぎません。
● 必要悪
ko-bar-ber | URL | 2005/11/29(火) 00:08 [EDIT]
私は、戦争は必要悪だと思っています。
戦争は外交手段として認められているわけですから、戦後も世界各地で起きています。
最近のイラクでも、戦争がなければクルド人がフセインの弾圧や圧政から開放されることはありませんでした。
世の中、話して分かる人ばかりではありません。誠意を見せれば相手も分かってくれるなんて甘い考えを持っているのは、世界で日本人だけだと思います。
● 固い
CRAZE | URL | 2005/11/28(月) 23:08 [EDIT]
小生が意気がるから小生意気というんだな。自らをへりくだって小生と指すならあまり挑発的な文章などかかぬことだ。言いたい放題と名を冠しているからイイと言うものでもあるまい。まぁ表現の自由ってのは認められているからいいんだろうな。
● Mergeさんへ
いざりうお | URL | 2005/11/27(日) 23:54 [EDIT]
おほめいただき恐縮に存じます。
今後ともよろしくお付き合いください。

Merge | URL | 2005/11/27(日) 23:20 [EDIT]
名無しの権兵衛さんのコメントと似たようなモノを以前に見たことがあります。
私は、いざりうおさんの文章、素晴らしいと思いますよ。
モノは試しです。ちょいと名無しさんのコメントを拝借して、アレンジしてみますね。


無駄に威圧的なコメント
論点が定まりきらないですね。
その結果貴方はどうしたいのかが
記述してあれば、コメントとしての完成度
が高かったかもしれませんね。
一方の視点からしか見てないところも
残念です。

物事は多角的に見るクセをつけましょう。

・・・
はい、どうとでもアレンジできそうな文章です・・・

名無しさん、もうこんなのやめましょうよ。
あなたは御自分の思いを御自分のブログで、正々堂々と開陳されたらよろしい。

とにかく、こういうこをするのは、とっても恥ずかしいのではないですか?
● 名無しの権兵衛さんへのご返事
いざりうお | URL | 2005/11/26(土) 18:17 [EDIT]
ご忠告ありがとう。文章についてはおっしゃるとおり未完成です。承知の上で掲載しています。
物事については多角的に見た上で書いているので、そのご忠告は不要です。小生は、八方美人になるつもりはありませんので悪しからず。
URLをご自分のものでないものを勝手に拝借してコメントするなどとは、コメントの内容に比して人格が伴っておられないようですね。その点、こちらから老婆心ながらご忠告させていただきます。

| URL | 2005/11/25(金) 18:04 [EDIT]
無駄に威圧的な文章で
論点が定まりきらないですね。
その結果貴方はどうしたいのかが
記述してあれば、文章としての完成度
が高かったかもしれませんね。
一方の視点からしか見てないところも
残念です。

物事は多角的に見るクセをつけましょう。

TRACK BACK
TB*URL
● 日本はもっと外交を真剣に…
ぱっとんな日々 2005/12/14(水) 03:30
韓国外相、靖国や歴史問題など対応促す・麻生外相と会談(日経新聞) 【クアラルンプール=石沢将門】東アジア首脳会議(サミット)閣僚会議に出席するためにマレーシアのクアラルンプールを訪問している麻生太郎外相は10 日午前、韓国の潘基文(バン・キムン)外交通商相  [続きを読む]
● 中国の軍事費は透明と思っている人はいるの?
新聞記事・ニュース批評@ブログ 2005/12/09(金) 22:19
 私はこれを見てはっきり言って日本を挑発しているとしか思えないと感じましたが、みなさんいかがでしょう?  [続きを読む]
● 小泉首相講演、憲法9条改正に積極的「非武装中立論ほど無責任なものはない」・・・敢えて小泉批判をしてみる。
中道右派男(ぉ 2005/12/01(木) 16:08
小泉純一郎首相は三十日、自民党本部で講演し、中国や韓国が首相の靖国神社参拝に反発していることに「一人の国民として参拝している。なぜ中国、韓国から批判されるのか分からない」  [続きを読む]
● だから日本には軍隊が必要だっつーの
んなアホな! 2005/12/01(木) 09:36
チベット高僧5人逮捕 「14世非難を拒否」米政府系放送局報道(産経新聞)--- 記事引用開始 ---  米政府系放送局「ラジオ自由アジア」は30日までに、中国公安当局がチベット仏教の 最高指導者ダライ・ラマ14世を非難することを拒否したチベット仏教の高僧ら  [続きを読む]
● 【ヒューザー社長】-【化けの皮】=【腹黒銭猛者】
百年祭りの観察 2005/11/25(金) 02:32
まったくもって、ブログ更新の予定が狂ってしまった。月曜日から昨日まで日本半縦断の出張となってしまい、折角の姉歯建築設計の構造計算偽造問題の続きと極悪非道教師・増田都子関連の続報が遅れてしまったことは残念である。今日は、姉歯関連から一つ。問題と...  [続きを読む]
Copyright © 釣りキチおやじの言いたい放題. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。