釣りキチおやじの言いたい放題
心の伝統文化をも捨て去ろうとしているこの日本、 荒波にもまれて何処へ行くのか! ただ指を咥えて傍観しているわけにもゆくまいて。 はてさて、どうしたものであろうかのう?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2005/11/06(日)   CATEGORY: 教育-学校教育
教職員の受験資格に関する考察
 私の高校時代の友人で、教師をしている者がいる。
 その友人が、いみじくも語ってくれたことがある。「世のなかに出て世間に揉まれたこともなく、大きくなって人に頭を下げたことも無い大学を出たばかりの青二才が、いきなり先生と呼ばれる。しかも、多くの子供や親達から四六時中先生呼ばわりされ、頭を下げ続けられれば、おかしくならない方がおかしい。」と。
 生まれてこのかた真の意味で、又、我慢することをもって人に頭を下げたことがない若年者が大学を出ていきなり教師となり、「先生、先生」と生徒ばかりでなく、父兄にもおだてられ、おそれられるため、人格不適格な教師が養成されていく。このことが現在の教育のひずみにつながっている主たる原因と考えられる。
 東京都足立区立中学某教師事件の件の教師は、まさに、この典型的な例であろう。
 又、教師以外の職に全く就いたことがない者が、人生設計や進路指導をまともに行い得るはずがないのでは、とも考える。
 私が行政書士になりたての頃、ある先輩に出会った。その先輩は教師一筋で、学校の校長を定年退職されて行政書士を始められた方だが、その方が、「行政書士になって企業など社会を構成する人たちの素顔に接してみて、恐ろしいことだが、私が永い間学校で生徒たちに教えてきたことの多くが間違いだったことが初めて判った。生徒たちに申し訳ないことをしてしまった。」と悔恨の念を込めて話されていた。
 そこで、
『1.年齢制限をなくすこと』
『2.社会で一定の年限働いた経験があり、その上で、その職場等の一定人数の推薦を受けた者であること』
の二項を、教職員の受験資格に是非とも加えるべきである。
   -小生の「子育て」原稿より-
スポンサーサイト
[ TB*4 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
● 修身日記はじめます
日々是桜 2006/04/25(火) 00:14
今日から日記をつけはじめます。日本人としての誇りと美徳を取り戻すための「修身」独習で、学んだこと、気付いたこと、感動したこと。記事としてまとめる前の、ナマの感激を赤裸々にお伝えしたいと思います。  [続きを読む]
● 「子育て」というキャリア
教科書問題ブログ - milestaさんのブログ - 電脳教科書補完録 2005/11/24(木) 18:07
ジェンダーフリー推進論者の人たちは「子育てでキャリアが中断する」ことを嫌い、子育て中でも仕事を続けられるように子供を家庭の外に預けることを是とする。私は子供の育成を二の次に考える姿勢には全く賛成できないのだが、もうひとつ、子供を犠牲にしてまで守るキ...  [続きを読む]
● 資本主義と日本が嫌いな愉快な"戦闘集団"
百年祭りの観察 2005/11/08(火) 03:19
私の大学時代、友人や親しい学校の先輩の仲間内には解放派の人がいたり、かたや原理研究会(勝共連合・統一教会)の人がいたりと、なかなか騒がしかったが、なぜか仲間内では揉めたりする事はなかった。原理研究会(勝共連合・統一教会)に入った先輩は、ただでアメリカ留学...  [続きを読む]
● 2016年オリンピックを東京に誘致できたら
百年祭りの観察 2005/11/06(日) 22:54
ちょっと古い話題で申し訳ないが、今月初めに開かれた最初の「東京オリンピック基本構想懇談会」で、冒頭に石原都知事が「世界的にも珍しい集中集積が進んだ東京ならではのオリンピックを実現するため、皆さんのアイデアをお借りしたい」とあいさつしたのを受け、テリー...  [続きを読む]
Copyright © 釣りキチおやじの言いたい放題. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。