釣りキチおやじの言いたい放題
心の伝統文化をも捨て去ろうとしているこの日本、 荒波にもまれて何処へ行くのか! ただ指を咥えて傍観しているわけにもゆくまいて。 はてさて、どうしたものであろうかのう?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/03/24(木)   CATEGORY: 時事問題-日本
「週刊朝日」の記事???

「週刊朝日 2011年3月25日増大号」に次のような記事があるとの由。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 こんな悠長なものを書いているときではないようだ。震災の被害は甚大だが、それを上回る被害を起こしそうな東京電力福島第1原発が重大事態を迎えている。
 朝日の広瀬氏は、長年原発の危険性を訴えてきた論客だが、こうした非常事態の時に読むと、背筋が寒くなってきて、居ても立ってもいられなくなる。
 広瀬氏は「事故の経緯を見ると、悲観的にならざるを得ない」として、このまま炉心溶解が進行すると、鋼鉄製の原子炉を溶かして、地下水とぶつかって水蒸気爆発を起こし、大量の放射線が飛び散る「チャイナシンドローム」が始まるという。
 さらに「日本で1基の原子炉が全部放射能を放出するような事態が起きた場合、風向きや風力次第ですが、(中略)ほぼ1週間で日本全土が放射能に包まれる可能性があります」というのだ。
(引用ここまで)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 風も含めて、どのような物理的要因が働けば「1週間で日本全土」に放射性物質を拡散させ得るのか?
 日本上空には風速30m~100mのジェット気流が吹いている。
 「太平洋に」ならばわかるのだが、南北に長い「日本全土」では無理だ。
 「風評被害」の間違いではないのか?
 「朝日の広瀬氏は、長年原発の危険性を訴えてきた論客」とのことだが、彼の言動は無知のなせる業だったのか?
 「こんな悠長なものを書いているときではないようだ。」が本当ならば、記者をはじめ朝日の社員が率先して東京いや日本から逃げ出せ!
 それとも、住民を煽って疎開させ、火事場泥棒でもしようという魂胆なのか?

 先の大戦で広島が原爆で焼け野が原になったとき、「今後70年は広島には草木1本生えず当然人間は住めない」との専門家と称する論客の主張が幅をきかしていたではないか。
 広島はその通りになったか?
 昭和の初期頃、天皇陛下や良識派の意向を無視して、国民を煽り、軍部が戦争に突っ走る要因を作った張本人は朝日新聞ではなかったか?
 朝日の社旗は、その目的を如実に語っていると思われるのだが。
 朝日のメディアとしての目的は、日本国民を不幸のドン底に叩き込むことなのか?

 また、3月21日の東京新聞特報面上において、日本経団連米倉弘昌会長のコメントに対し、広瀬隆氏が、
「全然わかっていないと」「千年に一度と言われるが実際に被害を大きくしたのは津波。百年あまり前の1898年に起きた明治三陸地震でも岩手県沿岸の綾里で38m、田老で14mを記録した。決して想定外ではなかったはず。素人の私でも予測出来るのに対策を取ってこないのは人災だ」
と述べたそうである。
 この論でいけば、「今回の福島原発の事故は人災だ」「だから、より高い技術と対策をとれば防げる」となり、「原発はやめる必要はない」との結論になるのではないのか?
 「人知の及ばない天災だから、どんなに対策をとろうとも防げない場合がある」「だから、原発には反対だ」ならば理解できるのだが。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 釣りキチおやじの言いたい放題. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。