釣りキチおやじの言いたい放題
心の伝統文化をも捨て去ろうとしているこの日本、 荒波にもまれて何処へ行くのか! ただ指を咥えて傍観しているわけにもゆくまいて。 はてさて、どうしたものであろうかのう?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
海上保安官は無罪
 尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件を撮影したビデオ映像がインターネット上に流出した事件で、民主党政府は刑事訴訟法第47条に「訴訟に関する書類は、公判の開廷前には、これを公にしてはならない。」から公開しないし、海上保安官の行為が違反であるとしている。

 しかしながら、刑事訴訟法第47条は、「訴訟に関する書類は、公判の開廷前には、これを公にしてはならない。」の後に「但し、公益上の必要その他の事由があつて、相当と認められる場合は、この限りでない。」との但し書きがある。

 この「認められる場合」とは、誰か「特定の者が認める場合」ではなく、「一般的に見て認められる場合」と解釈するのが妥当であろう。
 この「一般的に見て」は、言い換えるならば、「多くの人々が支持するならば」と読み替えることが出来よう。

 ならば、共同通信社が2010年11月12日~13日に実施した「政府が衝突の映像を公開すべきか?」との世論調査で、
  公開すべき     88.4%
  公開すべきでない   7.8%
  わからない・無回答  3.8%
 同じく「この映像は政府の機密情報に当たるのか?」では、
  機密に当たらない  81.1%
  機密に当たる    13.2%
との国民の声が有る以上、「相当と認められる場合」に当たり、「この限りでない。」として公開されてしかるべきである。

 すなわち、海上保安官の行為は、刑事訴訟法の趣旨に沿うものであり、逆に、民主党政府の行為こそが刑事訴訟法の趣旨に反しているといわざるを得ない。

 そうなれば、国家公務員法の守秘義務違反についても、超法規的違法性阻却事由に該当する可能性は充分考えられるだろう。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 釣りキチおやじの言いたい放題. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。