釣りキチおやじの言いたい放題
心の伝統文化をも捨て去ろうとしているこの日本、 荒波にもまれて何処へ行くのか! ただ指を咥えて傍観しているわけにもゆくまいて。 はてさて、どうしたものであろうかのう?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/11/11(火)   CATEGORY: 時事問題-日本
シビリアンコントロールとはマインドコントロールのことか?
田母神俊雄前航空幕僚長が政府見解と異なる内容の論文を発表した件について、「シビリアンコントロールに反する」との政治家やマスコミの叫びには喧しいものがある。
一体、シビリアンコントロールとは何なのか?
何故、シビリアンコントロールが叫ばれるようになったのか?
軍隊の独走を許してきた歴史への反省から、シビリアンコントロールの概念が出てきたのではないのか?
いうなれば、軍隊としての行動である職務執行をコントロールすることがシビリアンコントロールではないのか?
田母神氏はその職務上、自衛隊組織やその構成する隊員をコントロールしたのか?
論文、それも自衛隊の職務執行とは直接関連性のない考えを発表することが自衛隊組織やその構成隊員をコントロールした事になるのか?
これらの「シビリアンコントロール云々」の論法は、風が吹けば桶屋が儲かる式の論法であると言わざるを得ない。

一方、論文の内容や考えがシビリアンコントロールに違反するとのコメントもある。
それこそ、思想信条をコントロールすべきとの論であり、シビリアンコントロールとはマインドコントロールということになってしまうのだが、それでいいのか?

自衛隊員の士気に影響するとの意見もあるようだ。
しかしながら、「思想信条も政府見解に右へ倣え!」、しかも日本人としての歴史や誇りを粉々に叩き潰す見解を「問答無用に呑め!」ということこそ士気への影響は甚大であるのではないか?
しかも、これもまたシビリアンコントロールとはマインドコントロールということになってしまうのだが。

何でもかんでもシビリアンコントロールと言えば通用するとなれば、これは既に宗教の世界である。

また、「不適切」なるコメントがあるが、不適切=違法行為ではない。
処分は違法行為があって初めて摘要されるのであり、不適切だからと処分するならば、法律は要らない。
何故ならば、今回さまざまな意見があるように、不適切とは多分に主観が入った判断だからである。
すなわち、不適切なる判断を以って処分することは、独断と偏見で処分することであり、法治国家の為すことではない。

「シビリアンコントロール」や「不適切」などの表現を以って、「問答無用!」と反対意見を封じ込めようとする態度は、自分たちの考えや行動に自信が持てない輩の常套手段である。
政治家や閣僚として国民の上に立つ者のやり方とは到底思えない。

何をそんなに怖がって、ビクついているのか?

今回の政府の、「速やかに処分を!」などと法律に基づく適正手続きを無視し慌てまくった様は、余りにも醜く、某元外務大臣が不法入国したならず者を取り調べもせずに鄭重に送り返した事件を思い浮かべざるを得ない。

このザマを見て、世界の常識人は呆れ返り、非常識人は手を叩いて喜んでいることであろう。

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 釣りキチおやじの言いたい放題. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。