釣りキチおやじの言いたい放題
心の伝統文化をも捨て去ろうとしているこの日本、 荒波にもまれて何処へ行くのか! ただ指を咥えて傍観しているわけにもゆくまいて。 はてさて、どうしたものであろうかのう?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/10/10(金)   CATEGORY: 政治-一般
年金問題、民主党の強気の原因はどこにある?
 年金の記録に関して、記載もれ、転記ミス、改竄と、まさに書類として考え得る悪事のオンパレードが次々と明らかになった。
 これを受け、現在、自民党・公明党が率いる政府・厚生労働省がこれを受け悪戦苦闘している状態であるが、次から次に新たな難問が出てきてなかなか見通しが立ちそうにない。
 これを見て、野党・民主党は「自民党などに解明できる筈がない。しかし、われわれ民主党ならばできる。政権を渡せ!」と、再三にわたり自身たっぷりにのたまう。
 最初のうちは、「また、何時ものハッタリか?」と思っていたのだが、余りにもしつこい。
 そこで考えたのだが、
 民主党のバックには自治労をはじめとする労働組合がある。
 また、それら出身の議員もいる。
 当然、年金を担当した職員も、そのほとんどがこの中に含まれている。
 彼らは、記載もれ、転記ミス、改竄をはじめとする年金の記録を極秘裏に厚生労働省から持ち出して隠しているのではないのか?
 だから、自分たちが政権を取れば解明は可能だと自信を持って言えるのではないのだろうか。
 そうでなければ、そんなに自信を持って堂々と言えるはずがないと思うのだが。
 それとも、やっぱり相も変らぬハッタリか?
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 釣りキチおやじの言いたい放題. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。