釣りキチおやじの言いたい放題
心の伝統文化をも捨て去ろうとしているこの日本、 荒波にもまれて何処へ行くのか! ただ指を咥えて傍観しているわけにもゆくまいて。 はてさて、どうしたものであろうかのう?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
天体・原子の大きさ比較
地球と比べて太陽の大きさはどれくらいか?
地球と太陽はどの位離れているのか?
太陽系に一番近い星まではどのくらいか?
原子や原子核の大きさは?
などを、例えを使ってわかり易く表にしてみました。
元のデータは、「理科年表」平成19年版(国立天文台編)です。
原子の世界では、パチンコ玉ほどの大きさの原子核の周りを50メートルほど離れて、小麦粉の粒よりも小さな電子が回っていて、その間の空間は空っぽです。
こんなことを想像しながら、子どもたちとお話されては如何?



天体・原子の大きさ比較

             (クリックすると拡大します。)
スポンサーサイト
[ TB*1 | CO*1 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 星を眺めて
ハハサウルス | URL | 2008/03/19(水) 10:45 [EDIT]
TB有難うございます。

実は、高校生時分天文部でした。小さい頃から星を眺めるのは大好きで、よく屋根に上っていましたが、物理は正直不得意です。理論的なことはともかく、天体写真を見ては、癒されています。
息子にも、簡単な天体の本を見せて、星の一生などを教えています。色で“赤ちゃん星”から“おじいちゃん星”まで説明するとわかり易いようで、結構喜んで見ています。もう少し大きくなったら一緒に嫁入りしてきた天体望遠鏡を出して、子どもたちに見せたいと思っています。
マクロとミクロの世界を知ることで子どもたちも色々と感じてくれることでしょうね。そういう話を親子間ですることは有意義なことだと思います。

TRACK BACK
TB*URL
● ご報告
田舎の神主の学び舎 2008/03/06(木) 14:19
当ブログ「田舎の神主の学び舎」管理人に変わってご報告申し上げます。 「田舎の神主  [続きを読む]
Copyright © 釣りキチおやじの言いたい放題. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。