釣りキチおやじの言いたい放題
心の伝統文化をも捨て去ろうとしているこの日本、 荒波にもまれて何処へ行くのか! ただ指を咥えて傍観しているわけにもゆくまいて。 はてさて、どうしたものであろうかのう?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
犯罪に対する時効について
28年前の東京都足立区立小教諭石川千佳子さん殺害の上、公訴時効後に自首し刑事責任を問われない犯人に対し、怒りの声はあるものの、犯人を擁護し、あるいは時効を肯定的に捉える声は聞かれない。
これが社会の常識である。

我国のような法治国家における刑罰とは、『犯罪に見合った社会的に妥当な刑罰を国家が行うかわりに、私的報復としての仕返し・仇討ちなどを被害者又はその遺族から取り上げた』ものであると言える。
しかしながら、犯罪に関する時効とは、犯人を罰する権利及び義務を国家が放棄することにほかならない。
これは、『被害者又はその遺族に対する明らか且つ一方的な契約義務違反』であるといえる。
ならば、私的報復としての仕返し・仇討ちなどを被害者又はその遺族が犯人に対して行ったときの時効も、犯人の時効と同時進行すると法律で規定してはどうだろう?
すなわち、本来に立ち返り、『時効が成立したときは、事実上、仕返し・仇討ちを認める』のである。
それでないと、余りにも不公平であると言わざるを得ない。

極論すれば、法律などというものは、ほとんど犯罪などの被害に遭ったことがない人々がよってたかって机上で作り上げたもの。
だから、犯人をのうのうとのさばらせるような、社会実態に合わない時効などの規定が作られたといえる。
確かに犯罪に遭う人たちは少数であろう。
だからといって、切り捨ててはいけない。
今後は、その少数の人たちが一定数いなければ関係法令の制定改廃ができないようにすべきであると考えるのだが…。
スポンサーサイト
[ TB*1 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
● 第4子誕生!!
田舎の神主の学び舎 2006/10/10(火) 00:21
ん・・・・? 昨年も同じような時期に似たような事を書いていた記憶もありますが・・  [続きを読む]
Copyright © 釣りキチおやじの言いたい放題. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。