釣りキチおやじの言いたい放題
心の伝統文化をも捨て去ろうとしているこの日本、 荒波にもまれて何処へ行くのか! ただ指を咥えて傍観しているわけにもゆくまいて。 はてさて、どうしたものであろうかのう?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/01/27(金)   CATEGORY: 教育-学校教育
今日の笑い話
 大分県の津久見市では、「市内の小中学校に入学式など特別な日だけでなく平日も常に国旗を掲げるよう指示した」とのことであるが、これに対する大分県教職員組合のコメントが「教育の場で強制はあってはならない」とのこと。

以下、OBSニュースより
津久見市教育委員会が国旗の常時掲揚を指示
津久見市教育委員会が市内の小中学校に入学式など特別な日だけでなく平日も常に国旗を掲げるよう指示したことがわかりました。
津久見市教育委員会によりますと、今月8日の臨時教育委員会で、小中学校の校庭と体育館に常時国旗を掲げることを決定しました。これを受け、蒲原学教育長が今月13日の校長会議と19日の教頭会議で今月20日から行うよう指示したということです。国旗掲揚台がある市内の小中学校ではすでに国旗が掲げられていて、掲揚台がない一部の学校については今後整備する方針です。蒲原学教育長は「子どもたちに国やふるさとを愛する自覚を持ってもらいたい」と話しています。これに対し県教職員組合は「教育の場で強制はあってはならない」として今後市教委から話を聞くことにしています。

 ならば、この国旗掲揚に対して「反対」を「強制」することは大分県教職員組合として「行わない」ことになるのだが、本当だろうか?
 また、「教育の場」と謳っている以上、児童・生徒にも強制できないことになるのだが、果たして教育が成り立つのだろうか?
 まあ、他人には辛く、自分たちには甘い教組のこと、あまりまともに聞いてはいけないのかもしれないが…。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 釣りキチおやじの言いたい放題. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。