釣りキチおやじの言いたい放題
心の伝統文化をも捨て去ろうとしているこの日本、 荒波にもまれて何処へ行くのか! ただ指を咥えて傍観しているわけにもゆくまいて。 はてさて、どうしたものであろうかのう?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
教科書検定意見の撤回を求める沖縄県民大会の虚実
教科書検定意見の撤回を求める沖縄県民大会に関して、

 読売新聞の記事には、
   集団自決が日本軍の関与なしに起こり得なかったとする大会決議を採択
   吉川嘉勝さん(68)は、(中略)軍の関与があったとの認識を強調
  →http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070929it13.htm


 毎日新聞では、
   仲井真知事も「日本軍の関与は覆い隠すことのできない事実」
  →http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070930k0000m040064000c.html


 朝日新聞は、
   「教科書から軍の関与を消さないでください。」
  →http://www.asahi.com/national/update/0930/TKY200709300001.html


と、書かれている。

 これらの何処にも『軍の関与』の記述はあっても、『軍に強制された』との記述はない。

 強いて見い出そうと試みるならば、
 「兄は軍の玉砕命令が下りたと言っていた」軍の命令をうかがわせる新たな証言(毎日新聞)
であるが、これはあくまでも伝聞である。

 当時、多くの沖縄の人たちが関係していたにもかかわらず、強制に関する直接的証言が皆無なのである。

 ましてや、
 津嘉山さんは会場の参加者に語りかけた。「死を求める住民が毒の入った注射器の前に列をなし…。」(朝日新聞)
との記事は、強制されてではなく、『住民自らが求めた』との証言ではないか。

 「東京を始めとする無差別絨毯空爆を行うようなアメリカ軍の捕虜になればとんでもないことになる。自決したほうが…。」との噂が広まり、
 「自決するには武器が要る。」、「それでは、軍のを使えばよい。」とのやりとりは同じ日本人どうし、当然あったと推測できる。

 したがって、消極的な部分での関与まで否定は出来ないだろうから、
「『軍の関与があった』との記述を求める」のならば、話はわかるが、

此処から直ちに、
「大会は旧日本軍の命令、強制、誘導などの表現が削除された教科書検定を厳しく批判。検定意見の撤回と集団自決を巡る強制性の記述回復を求める…。」(毎日新聞)
がどうして出て来るのか?

「社会・歴史教科書の記述は、国語で教える日本語の使用法に忠実でなくても良い。」
とでも言うのだろうか?

日本語の使い方が乱れていると言われる。
「乱れついでにドサクサに紛れて、何が何でも圧力をかけて押し通せ!」との意図か?

これでは、テロだ!
スポンサーサイト
[ TB*4 | CO*0 ] page top
Copyright © 釣りキチおやじの言いたい放題. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。