釣りキチおやじの言いたい放題
心の伝統文化をも捨て去ろうとしているこの日本、 荒波にもまれて何処へ行くのか! ただ指を咥えて傍観しているわけにもゆくまいて。 はてさて、どうしたものであろうかのう?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
マスコミの世論操作、『「兵」と「軍」との巧妙なすり替え』
「教科書の嘘許さず 大城さん、憤りで声震わせる」との記事が、8月25日16時4分付で琉球新報から発せられた。
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-26594-storytopic-1.html

この中に、
日本兵が入り込んできて「食料をよこせ」と銃を向けた。彼らは黒砂糖が入った大城さんのリュックサックを取り上げようとした。大城さんが「取らないで」とお願いすると、「生意気なやつだ」と壕の外に引きずりだし、激しく暴行。硬い革靴でけり飛ばされた大城さんは気を失った。殴られた右目は失明した。
日本兵は本当に恐ろしかった。住民を『スパイだ』と決め付けて虐殺したところも見た。捕虜になれば男は戦車でひき殺され、女は暴行され殺されると言い聞かせ、住民を死(集団自決)に追い込んだのは日本兵だ」と厳しい口調で語る。

との記述がある。

そして、このことが、「高校歴史教科書検定で沖縄戦の「集団自決」に関する記述から日本軍の強制が修正・削除された問題」とされている。

しかしながら、此処には巧妙な論理のすり替えがある。
事実は日本『兵』なのに、結論は日本『軍』となっていること。
『個としての組織の構成員』が、何時の間にか『全体としての組織それ自体』にすり替えられてしまっている事である。

生きるか死ぬかの極限状態を潜り抜けた、当時は12歳の少年、しかもそのときの苦しみを今も引き摺らざるを得ない運命に置かれている方の言については云々する立場にはないが、この方の言を奇貨として、しかも論理をすり替えてまで世論操作を行おうとは、言語道断と言わざるを得ない。
スポンサーサイト
[ TB*1 | CO*2 ] page top
またもマスコミの心理誘導

「郵政造反組の復党問題」で、今、マスコミがあちこちで喧しい。
主な論調は、「郵政民営化に反対した議員を復党させることはおかしい」というもの。
「格好な口実が見つかった。この際、自民党を叩けるだけ叩こう。」というわけだろう。

しかしながら、これには巧妙な論理のすり替えがある。
当時、郵政民営化法案に反対した議員には、
「郵政民営化そのものに反対」の人もいたかも知れないが、
大半は、
「法案の提出手続に瑕疵があるので反対」
ではなかったのか?

そうであれば、執行部が替わった以上、復党させることに何の問題があろう。

にもかかわらず、全員が
「郵政民営化そのものに反対」
したかのように大々的キャンペーンを展開し、世論をそちらに導こうと、またも画策しているようである。
[ TB*6 | CO*8 ] page top
『キッズgoo』の陰険な洗脳教育 その2
 総務省では、平成18年3月10日、「ウェブサイトの安心・安全性を示すマークの実用化に向けて、インターネット・コンテンツの表現レベル等を表示するマーク技術の実証実験の実施」するとして、次の発表を行った。
 インターネット上の違法・有害情報の増大に対処するため、利用者がウェブサイトの安全性等を容易に判断できる新たな方法として、情報発信者(ウェブサイト開設者)が第三者機関の審査を経て自らのコンテンツの表現レベル等をマーク表示するためのシステムの開発を行いました。
 このたび、当該マークの実用化に向けて、「コンテンツアドバイスマーク(仮称)推進協議会」と共同で実証実験を実施します。↓
http://www.soumu.go.jp/s-news/2006/060310_7.html


『キッズgoo』の行っている「フィルタリング」が『キッズgoo』だけで終わるのならば、大した問題ではないが、この総務省が行うシステムに反映されるようなことになれば今のマスコミの二の舞になる。
したがって、声を大にして今から問題提起していかなければ、またもや既成事実の積み上げに押し切られることになるであろう。

ここに、『よしのりのホームページ』http://www4.ocn.ne.jp/~yoshirin/index.html というのがある。
これは、新潟県長岡市立寺泊小学校の小林義典先生の非常に素晴らしいホームページなのだが、この中に掲載されたアドレスのうち、「日露戦争(日本海海戦)」、「佐久間勉艇長」、「占領下の検閲」、「北方領土」、「日本の国旗」、「循環型社会」、「豊田佐吉」、「杉原千畝」、「エルトゥールル号事件」、「自動車工業・「部品はどこから」」、「北条時宗」、「世界一の教育ポータルサイト インターネットランド」の項目について閲覧不能となっている。

その他、「フィルタリング」に引っ掛ることが判明したものを列記する。(順不同)
此れらを見ても、事項が偏っていることは明白であり、極めて意図的なものを感じる。

≪表紙は表示されるが、中身の特定の事項について閲覧不可のもの≫
『電脳日本の歴史研究会』http://www.history.gr.jp/index1.html のうち、「南京大虐殺はウソだ!」、「昭和史の真実(I/II/III)」
『和の学校』http://www.wanogakkou.com/index2.html のうち、「わらべ塾」
『展転社』http://tendensha.co.jp/ のうち、「新刊『南京「事件」研究の最前線平成17・18年合併版』」、「重版『大東亜戦争への道』、シナ大陸の真相」、「散華の心と鎮魂の誠」
『渡部昇一.com』http://www.watanabe-shoichi.com/ のうち、「歴史、反日に勝つ「昭和史の常識」」、「日本人として最低限知っておきたい“Q&A”近現代史の必須知識」
『教育を正す掲示板』http://6928.teacup.com/kyouiku/bbs のうち、「足立区立第十六中学校 問題とは?」、「教育を正す 掲示板へ」
『いい国作ろう!「怒りのぶろぐ」』http://blog.goo.ne.jp/critic11110 のうち、「教育問題」、「外交問題」
『竹村健一 これだけBLOG』http://www.taiyoo.com/weblog/takemura/index.php?  のうち、「中国」
≪表紙は表示されるが、中身は全て閲覧不可のもの≫
『事件史探求』http://gonta13.at.infoseek.co.jp/index.htm
『南京事件資料集』http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/

≪「このページは、キッズgooではひょうじしていません。」として、名前の表示さえないもの≫
『電脳補完録』http://nyt.trycomp.com:8080/modules/news/
『電脳補完録ー別館』http://nyt.trycomp.net/modules/weblog/
『日本から見た韓国併合2』http://mirror.jijisama.org/kankoku_heigou2.htm#binhi

≪「ごめんね。ページがひょうじできませんでした。」として、移行できないもの≫
『陽光燦爛的日子 a diary of worldwalker』http://ameblo.jp/worldwalker2/
『大紀元日本』http://www.epochtimes.jp/
『日本李登輝友の会』http://www.ritouki.jp/
『偏向・反日・反米(教育)』http://ryutukenkyukai.hp.infoseek.co.jp/henko_hannichi.html
『コリアン・ザ・サード』http://koreanthe3rd.jp/
『反日マスコミが伝えない親日の話』http://mikomo.hp.infoseek.co.jp/index.html
『【1】韓国ってホントに反日?』http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea1.html
『【2】韓国はなぜ反日か?』http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea2.html
『【3】なぜいろんなことが誤解されたままになっているか?』http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea3.html
『軍楽隊』http://www.d1.dion.ne.jp/~j_kihira/band/index.html
『電脳教科書補完録』http://kyoukasyo.net/modules/news/
『在日コリアンの来歴』http://www.korea.hanmir.tripod.com/zainiti_raireki.htm
『こん』http://konn.seesaa.net/
『atsuのB級ニュース批評』http://atsupeugeot.seesaa.net/
『OPINION ~NEWSに意見~』http://k101986.blog16.fc2.com/
『川村けんとの「いい加減にします」 - 三…』http://plaza.rakuten.co.jp/kawamurakent/
『きょういくブログ』http://edugarden.blog50.fc2.com/
『★厳選!韓国情報★』http://blog.goo.ne.jp/pandiani
『Speak Easy 社会』http://blog.livedoor.jp/manasan1/
『電脳空間「高天原」』http://blog.goo.ne.jp/king_of_t-rex
『特定アジアニュース』http://specificasia.seesaa.net/
[ TB*1 | CO*0 ] page top
マスコミの心理誘導
子育て原稿として子供について書いたつもりが、最近では大人まで範疇に入ってしまいました。
しかしながら、基本は同じなので以下にこのまま掲載することにしましょう。


人を殺傷した子供たちの事件が、近年富に増えていますが、それらの報道で大変気に懸かることがあります。
それは、さも犯罪心理学に精通していることをひけらかすかの如き、加害少年たちの「虐めを受けた!」「家庭環境が…!」などの社会的背景を殊更強調した記事です。
確かに、そういった、少年たちを心理的に追い込んでいく環境を正していこうとする努力は必要です。
しかしながら、「過ぎたるは及ばざるが如し」。『背景』を強調し過ぎて、「いじめを受けた子は、さも、人殺しをしたり、爆弾を投げ込んだりするのが当然だ。許される。」と錯覚させるような報道が多々見受けられます。
これらマスコミは、自分たちがなす報道の心理的効果について、まるで考えたことがないのでしょうか。万一判っていてかかる記事を意識的に振り撒いているとすれば、これは重大な犯罪であると言わざるを得ません。
聖人君子だけが親になるのではありません。泥棒であろうが何であろうが親になるのに差別は一切存在しません。また、その親たちに育てられた子供たちが大人になり親となるのです。至極当然な社会の成り行きとして、いじめられたり、家庭環境がまともでなかったりする子供たちは大勢います。
にもかかわらず、子供たちも含めて大半の人々は、たとえ辛いことがあろうとも、また苦しくとも、犯罪などおかすことなく、まともに生活しています。
いかなることがあろうとも、犯罪はおかしてはならないのです。このことを、先ず徹底的に子供たちに教えるべく報道すべきで、これこそがマスコミの責務です。

   -小生の「子育て」原稿より-
[ TB*0 | CO*2 ] page top
Copyright © 釣りキチおやじの言いたい放題. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。