釣りキチおやじの言いたい放題
心の伝統文化をも捨て去ろうとしているこの日本、 荒波にもまれて何処へ行くのか! ただ指を咥えて傍観しているわけにもゆくまいて。 はてさて、どうしたものであろうかのう?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/05/03(水)   CATEGORY: 時事問題-世界
何をかいわんや、中国のこの偽造・捏造の規模
先ずは次の記事をご覧いただきたい。

-----------------------------------------------------------------------------------

【香港】NECを会社丸ごと「偽造」、中国で発覚
http://nna.asia.ne.jp.edgesuite.net/freetop/top/free_hkd_daily.html
(部分的に引用)
 NECのブランド製品だけにとどまらず、NECという会社組織を丸ごと偽造していた集団がこのほど発覚し、業界関係者を仰天させている。同集団は「NEC」として活動し、中国本土、台湾、香港などで50カ所以上の製品工場ネットワークを築き上げていたようだ。

製造や販売だけでなく、調達業務などまで組織的に「NEC」として活動。製品は比較的「良質」だったが製品保証はしなかったため、正規のNEC側が偽物商品についての苦情まで受けていたという。

従業員はNECの名刺も持ち歩き、外部リサーチを依頼したり、独自の製品開発なども行っていた

ブランド自体を乗っ取ろうとした事件といえる

多くの工場は、大元締めの偽造集団からNEC製品の生産ライセンスを得たと思い込んで稼働していたという。
(NNA) - 5月3日8時0分更新

-----------------------------------------------------------------------------------

中国は、日本と違い政府がOKしなければ何事も前に進まない国である。
ということは、ここまで大々的にやる以上、政府が絡んでいることは間違いないであろう。

李鵬首相(当時)が語る「20年も経てばこの地球上から消えてなくなる」日本のNEC本家に替わって、その暁に本物のNECとして活動するための予行演習でもしていたのだろうか?

北朝鮮には、工作員を養成するために日本の銀座だったか部分的に都市をそっくり真似たセットが存在するというが、中国はやはり親分だけあり、その上を行くようだ。
そのうち、日本の国そのものを偽造してしまったりして…。

ここまでくれば、中国には果たして信じることの出来る言動が存在するのだろうかと改めて疑わざるを得ない。

「南京大虐殺など、当然、嘘である」ということを、中国自らが証明してくれているようなものである。
スポンサーサイト
[ TB*4 | CO*3 ] page top
DATE: 2005/12/18(日)   CATEGORY: 時事問題-世界
ドイツが暴走を始めた?
ドイツ連邦最高裁判所は現地時間12日、世界中いかなる国から発信するIT情報といえどドイツ国内からアクセス可能である限り、いかなる地域に住んでいる外国人に対してもドイツの法律が適用されるという判断を示しオーストラリア在住のホロコースト否定論者に有罪判決を下した。(要旨)

以下に記事を引用する。

ドイツ最高裁判決「反ナチス法は国外サイトにも適用可能」(上)
http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20001218205.html
 ベルリン発ドイツの最高裁が今週、国境を超えた判決を下した。この判決が
つづきを表示
[ TB*6 | CO*6 ] page top
Copyright © 釣りキチおやじの言いたい放題. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。